COLUMN

もしあなたの企業でメンタルヘルス不調による休職者が発生したらいくらの損失になるかご存知ですか?~もしものときのためにMOSIMOを使ってみよう~

2014年の行政法人「労働政策研究・研修機構」の調査によると、うつ病などのメンタルヘルス不調を感じている人の13.3%が会社を休職していることがわかりました。
さらに同調査結果によると、過去3年間で、落ち込んだり、やる気が起きないなどのメンタルヘルス不調を感じたことが「ある」人が25.7%と4分の1を占めました。

自分はメンタルヘルス不調にはならないと思っていても、気付かないうちに抱えてしまった精神的な不調がきっかけとなり、仕事を続けるどころか休職にまで至ってしまう方も少なくありません。

現代社会において、休職者が発生することは他人事ではなく、どの企業にとっても起こり得ることだと言っても過言ではありません。

休職者が一人発生すると、休職者への休業手当、周りのフォローに対する人件費や代替要員の人件費や教育費などさまざまなコストがかかってきます。

今回、そのコストがいくらかかるのかシミュレーションできる「MOSIMO」をご紹介します。

メンタルヘルスコスト・シミュレーションモデル
MOSIMO(Mental health-cost Original Simulation Model)
~メンタルヘルス不調による休職者が発生した場合の企業の損失コストを簡単に試算~

仕事上のストレスが原因でうつ病などの精神疾患等になったとして労災申請を請求する人や労災認定される人は年々増加しており、従業員が過労死(過労自殺)したケースでは、「心の健康」に関する安全配慮義務違反により巨額な損害賠償金の支払いを企業に命じる判決が出ています。
このシミュレーションモデルでは、休職する従業員の年収と休職期間を入力することにより、損失コストを試算することが可能となります。

もちろんメンタルヘルス不調による休職者を発生させる前に企業にとってできることを行うことが先決です。そのためのメンタルヘルス対策における企業の損失コストを最小化させるためにこのシミュレーションをお使いいただくことをお勧めします。

ぜひ実際にシミュレーションをご利用ください!

産業医ラボ.com


お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 【不眠の方必読】睡眠薬と睡眠補助薬ってどう違うの?効果を学んで使…
  2. 【自己診断シート付】ストレスを受けやすい性格の紹介『タイプA』~…
  3. 定期健診結果報告書やストレスチェック報告書への産業医の押印が不要…
  4. 【韓国通信 第2回】隣国は今 日々増え続ける新型コロナウイルス感…
  5. ストレスが限界に達したときに出る“メンタルヘルス不調”の症状とは…
  6. 『働き方改革関連法』施行により、ワークライフバランスの実現は可能…
  7. いよいよ職域接種受け付けも開始!企業で新型コロナワクチン接種「職…
  8. 6月21日より開始予定!注目が高まる産業医による“職域接種”は通…

Facebook

最新の記事

おすすめ記事

PAGE TOP