COLUMN

冬が近づきやる気がおきない…それは決して怠け病でありません!ウインターブルーってご存知ですか?

ウインターブルーとは?

これは「冬季うつ病」と呼ばれるもので、季節の変化が原因となる季節性うつ病のひとつです。
日が短くなる晩秋から症状があらわれはじめ、翌年の春ごろにかけて回復するというサイクルを繰り返します。
一度発症すると毎年繰り返すことが多く、成人前後から徐々に発症し、男性よりも女性に多くみられます。

発症のメカニズム

「ウインターブルー」になる原因は、日照量不足であるといわれています。
考えられるメカニズムとしては以下の2つです。

  1. 日照時間が短くなることで、睡眠をつかさどるメラトニンの分泌するタイミングや量が変化し、体内時計が乱れる。
  2. 光の刺激が減ることで、幸せホルモンであるセロトニンの分泌が減り、脳の活動が低下する。

ウインターブルーというほどではなくても、冬場は日照時間が短くなり、寒さによる外出不足も多くなることで心身ともにバランスが崩れがちです。

ウインターブルーの代表的な症状

  • 理由もなくむなしくなり、無気力感におそわれる。
  • 睡眠時間が長くなり、日中でも眠気がある。
  • 人づきあいが面倒になり、外出しなくなり活動量が低下する。
  • 食欲が増加し、とくに甘い物や炭水化物がほしくなる。
  • 集中力が低下し、日常の家事・仕事ができなくなる。

一般的なうつ病と大きく異なるのは、過食・眠気といった症状があらわれやすいことです。
さらにひどい時にはこれらの症状が日常生活に支障をきたす場合もあります。ですが、これらの症状は春になると改善してくるという特徴があります。毎年続けてこのような経験がある場合には「ウインターブルー」である可能性が高いでしょう。

ウインターブルーの対策

  • 起床後すぐにカーテンを開けて日光を浴びる
  • 日頃からなるべく外出をして、日光に当たる
  • 栄養バランスの良い食事を摂る
  • 散歩などの軽い運動習慣をつける
  • 睡眠をしっかり取る
  • 家事や仕事が忙しい時は、意識して休養する時間をつくる
  • メラトニンやセロトニンの原料となるトリプトファンを多く含む食材を積極的に摂る

〈トリプトファンを多く含む食材〉
バナナ・大豆製品・かぼちゃ・チーズ・ごま・ナッツ など

あまりに症状がひどく日常生活に支障をきたす場合には、医療機関などを受診することをお勧めします。


産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. お酒でストレス解消!?
  2. 厚生労働省の調査で「メンタルヘルス対策」に取り組む事業所が6割を…
  3. 今からでも間に合う!「お正月太り」をリセットする3つのポイントを…
  4. マスクの着用による熱中症に注意!『新しい生活様式』における熱中症…
  5. マスク着用によるリスクとその対処法について
  6. 保健師・助産師・看護師ってどう違うの? 産業医ラボ.com専属保…
  7. 季節の変わり目で咳や鼻水が出たり、体がだるくなるなんてことありま…
  8. いよいよ流行の季節 インフルエンザと風邪の違いは、初期症状!予防…

Facebook

最新の記事

  1. 2月は「全国生活習慣病予防月間」 毎日10分!おうち時間で簡単にできる、生活習慣病を予防するための「6つのススメ」とは?
  2. アドバイスを受けるのが目的ではない!?「カウンセリングを受ける意味とは」産業医ラボ.com専属精神保健福祉士が解説
  3. 【大澤先生の一問一答】

おすすめ記事

  1. “笑う”だけじゃなく“泣く”こともストレスを緩和させる!?涙活のストレス解消・リラックス効果とは?当社専属の精神保健福祉士が解説します!
  2. セルフタッチでオキシトシンを増やし、ストレスの緩和や免疫力アップにつなげよう! 当社専属精神保健福祉士が紹介します
  3. 【大澤先生の一問一答】
PAGE TOP