COLUMN

カウンセリングとは? 産業医と患者との共同作業

メンタルカウンセリング

メンタルカウンセリングの効果

皆さんはカウンセリングを受ける際にどのような事を期待していますか?
心理カウンセラーやケースワーカーなどに相談した際「良くなるようにこれから考えて行きましょうね」とアドバイスされて困った経験はないでしょうか。
相談者とそれに答える心理カウンセラーとでは立場が違うため、最初のカウンセリングで期待するアドバイスを貰えないことがあります。
心理カウンセリングは相談者の気持ちに共感し、その視点を共有することで的確なアドバイスをすることができます。
うまくいけば一つの困難に対して二人で協力しあって解決策を講じることができ、まるで協同作業をしているかのような効果が得られるでしょう。
 

カウンセラーはどのように考えているのか?

一度のカウンセリングで一気に解決を計るのではなく、何度かの繰り返しの中で最善のアドバイスができるようにとカウンセラーは考えています。
また相談者個人によって違う悩みを想定しながらカウンセリングを行っています。
カウンセリングは相談者の方に申し込んでいただいてスタートします。
カウンセラーは実際に相談を受けてはじめて、その人の悩みや苦しみを知ることができるのです。
 

もしあなたが何か問題を抱えているときは

思い切ってお近くの産業医やカウンセラーに相談してみることをおすすめします。
心理療法の種類は様々ですがその多くは相談者の方のペースにあわせて進めていくことができますのでご安心下さい。
お近くに産業医やカウンセラーが居ない場合、職場に相談して無料で呼んでもらうこともできます。

産業医ラボ.com


お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 労働者が50人未満の事業場において労働者が直接健康相談できる環境…
  2. 職場の受動喫煙防止の対策、見逃していませんか?2020年から企業…
  3. 2020年6月からいよいよパワーハラスメント対策が事業主の義務と…
  4. 活用していますか? お勤めの職場のカウンセリング窓口
  5. 11月19日(月)「健康経営」セミナーを開催いたしました。
  6. 職場における妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメントの防止措置…
  7.  毎月22日は禁煙の日 加熱式たばこは害がない?当社専属保健師が〝紙たばこと加熱式たばこの違い〟を解説 毎月22日は禁煙の日 加熱式たばこは害がない?当社専属保健師が〝…
  8. 忙しいからと健康診断を後回しにしていませんか?これを読んだら早め…

Facebook

最新の記事

  1. 4人に1人が経験!「五月病」もメンタル不調のひとつ?一人で抱え込まずに誰かに相談しよう
  2. “笑う”だけじゃなく“泣く”こともストレスを緩和させる!?涙活のストレス解消・リラックス効果とは?当社専属の精神保健福祉士が解説します!
  3. 毎月22日は禁煙の日 失敗しても大丈夫!当社専属保健師による「禁煙」のすすめ

おすすめ記事

PAGE TOP