COLUMN

アドレナリンとストレスの関係~効果とデメリット~

アドレナリンとは

皆さんも一度はアドレナリンという言葉を耳にしたことがあると思います。アドレナリンとは腎臓のそばにある副腎という器官から分泌されるホルモンのひとつで、交感神経を刺激し、心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開き、ブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがあります。

アドレナリンとストレス

このアドレナリンは、怒りの心理と深い作用があり、人がイライラ、不安、焦り、緊張などのネガティブな感情を受けたときに過剰に分泌されます。人が大勢いる過密状態にイライラしたりムカムカしたりするのは、このアドレナリンの作用によるものです。
また、男性は過密な状態では競争的・攻撃的になり、女性は協力的・友好的になると言われています。これは活動性が高い男性はより広い空間(パーソナルスペース)を必要としているからです。

けれどストレス社会と言われる世の中で全くストレスと向き合わないことは不可能です。
しかしストレスとうまく付き合い、アドレナリンの作用を効果的に活用することで高いパフォーマンスを発揮することができるかもしれません。


産業医ラボでは無料でストレスチェックを受けられます!

アドレナリンの効果

スポーツにおいてアドレナリンが分泌されることは、血圧や呼吸が上昇し、心臓の動きが活発になるため筋肉が多くのエネルギーを生み出すことで運動能力が上がります。

さらに筋肉のエネルギー消費が増えると脂肪燃焼の促進や体温の上昇により代謝が上がり、ダイエット効果も期待できます。

そしてアドレナリンが分泌されるとグリコーゲンの分解が促進され血糖値が上昇します。これにより脳の覚醒が保たれ、集中力や判断力を高める効果も期待できます。

しかしアドレナリンの過剰な分泌は不安やイライラを感じやすくなり、攻撃的になるというデメリットもあります。そして過度のストレスが長く続く状態になると、アドレナリンの分泌が枯渇してしまうことがあります。アドレナリンが枯渇すると、ストレスに抗うことができずに無気力、無関心、感情鈍麻などの重度の抑うつ症状が現れてしまい、戦ったり逃げたりすることができなくなります。

アドレナリンにはパフォーマンスを高めてくれる効果がある反面、分泌しすぎると心身に大きな影響を与えることにもなります。
まずは、何よりもストレスを感じたら休息をとり、アドレナリンと上手に付き合いましょう。

産業医ラボ.com


産業医ラボ.comでは無料ストレスチェックを受けることができます!

産業医ラボでは無料でストレスチェックを受けられます!


お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 冷え症は寒暖差に要注意!冷えに潜む病気や対策とは?当社専属保健師…
  2. 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)接種とは?接種回数、間隔や副…
  3. 梅雨の時期はメンタル不調になりやすい?梅雨時期に感じやすい心身の…
  4. かかりつけ医って必要?自分に合った「かかりつけ医」を見つけて健康管理をしよう! かかりつけ医って必要?自分に合った「かかりつけ医」を見つけて健康…
  5. 本日から『働き方改革関連法』の施行により産業医・産業保健機能が強…
  6. 2021年3月1日から障害者の法定雇用率が引き上げになります!対…
  7. もうすぐ夏休み!コロナ禍でも大人気 キャンプなどのアウトドアやレ…
  8. パーソナルスペースとは?人との適切な距離感を知って円滑なコミュニ…

Facebook

最新の記事

  1. 6月26日は国際麻薬乱用撲滅デー「ダメ。ゼッタイ。」普及活動とは?医薬品の間違った使い方について当社専属の管理薬剤師が解説します
  2. イライラするのは原因があった!?イライラしやすい人とイライラしにくい人の違いとは?当社専属の精神保健福祉士がご紹介します!
  3. セルフタッチでオキシトシンを増やし、ストレスの緩和や免疫力アップにつなげよう! 当社専属精神保健福祉士が紹介します

おすすめ記事

  1. 【大澤先生の一問一答】
  2. 【大澤先生の一問一答】
  3. コロナ禍でも医療機関で必要な受診を!健康診断やオンライン診療について当社専属保健師が解説します
PAGE TOP