COLUMN

姿勢が悪いとストレスがたまりやすくなる!~ストレスホルモン「コルチゾール」との関係~

ストレスホルモン「コルチゾール」

コルチゾールとは、腎臓の上にある副腎皮質で分泌されるホルモンです。生命維持に不可欠なホルモンであり、ストレスにも大きく関係しています。なぜなら過度なストレスを受けると分泌量が増加し、その反応はとても敏感になるためストレスホルモンとも呼ばれています。
もちろんストレスに反応して分泌されるだけのホルモンではありません。コルチゾールには寝ている間や起床後すぐにエネルギーをつくるための体脂肪を分解、燃焼を促す働きもあります。

姿勢とコルチゾール

自信がないときや疲れているとき落ち込んでいるときなどはつい姿勢が丸くなり猫背気味になります。
しかし丸くなった姿勢ではコルチゾールが分泌しやすく、落ち込んだ感情になりやすくなります。反対に背筋を伸ばした良い姿勢をとると、コルチゾールが減り、ストレスに対する耐性を高めるテストステロンが増えて、前向きな感情になりやすくなります。

猫背は交感神経が優位になりやすく、体が常に緊張状態となり、体調を崩しやすくなります。さらにうつむき加減に顔を下ばかりに向けていると、全身のホルモンの分泌量を調整している、脳にある下垂体の血流の流れが悪くなることでホルモンのバランスが崩れ自律神経に影響を及ぼします。

産業医ラボでは無料でストレスチェックを受けられます!

ストレスをためない姿勢

ひとことで言えば「顔を上向き、胸を開く」ことです。普段、家や職場でテレビやパソコンを使用するときなどは、テレビやディスプレイを少し目線より高い位置に置くといいでしょう。そしてケータイやスマホを使うときもなるべくうつむき加減で見ずに目線と同じ高さで見ることをお勧めします。

さらに、デスクワークは同じ姿勢が何時間も続くので適度に休憩をはさみ、立ったり歩いたりすることが大切です。可能であれば軽くストレッチを入れるとより効果的です。両手を後ろに回し手を組んで腕を伸ばせば胸が開き、肩甲骨まわりにも刺激があるので胸が開きやすくなります。

なによりもストレスをためない生活環境を

コルチゾールは決してストレスをためるだけの悪いものではありません。体のバランスを整え、代謝を促す働きもあります。コルチゾールだけに目を向けるのではなく、過度にストレスを感じる環境を改善したり、食事・睡眠・運動など規則正しい生活を送ることを心掛けたり、ストレスとうまく付き合っていくことが重要です。

ストレスとうまく付き合うためにも、適度な運動や栄養バランスを考えた食事・家族との時間を大切にしましょう。

産業医ラボ.com


産業医ラボ.comでは無料ストレスチェックを受けることができます!

産業医ラボでは無料でストレスチェックを受けられます!


お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 『働き方改革関連法』の施行により、労働時間法制の見直し!時間外労…
  2. ストレスに強い性格の特性“ハーディネス”とは?打たれ強い特性“レ…
  3. 職場でできる新型コロナウイルス対策
  4. 国内初の新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」に期待!?有効性や対象者など当社専属の管理薬剤師が解説します 国内初の新型コロナウイルス経口治療薬「モルヌピラビル」に期待!?…
  5. 私たちの追加接種はいつから?ファイザー社製、新型コロナワクチンの…
  6. オミクロン株「第6波」感染急拡大 再びテレワークで従業員のストレスに要注意!企業が行うべきメンタルヘルス対策とは?当社専属の精神保健福祉士が解説します オミクロン株「第6波」感染急拡大 再びテレワークで従業員のストレ…
  7. 梅雨時期の寝苦しさを解消!睡眠の時間と質を向上して生活習慣病を予…
  8. 2・ストレスチェック制度の基本的な考え方

Facebook

最新の記事

  1. 4人に1人が経験!「五月病」もメンタル不調のひとつ?一人で抱え込まずに誰かに相談しよう
  2. “笑う”だけじゃなく“泣く”こともストレスを緩和させる!?涙活のストレス解消・リラックス効果とは?当社専属の精神保健福祉士が解説します!
  3. 毎月22日は禁煙の日 失敗しても大丈夫!当社専属保健師による「禁煙」のすすめ

おすすめ記事

PAGE TOP