COLUMN

ストレスへの対処法 ときには逃げることも大切です

ストレスの対処法

ストレスへの対処法は大きく3つに分類されます

問題解決型対処

これは、ストレスの原因となった問題に直接立ち向かっていく対処行動です。自分の努力や周囲の協力を得てストレスの原因そのものをなくしたり、対策を立てて解決を図るなどが挙げられます。

情動焦点型対処

情動焦点型対処ではストレスとなった問題そのものに対処するのではなく、ストレスによって生じた不快な感情を忘れる対処法です。例えば、漫画を読んで気分転換をしたり、音楽や映画を見てリラックスしたりすることがあります。

回避型対処

これはストレスとなった問題から距離を置いたり、ストレスから逃げようとする対処です。一見するとストレスに対処していないと思われるかもしれませんが、全てのストレスが自分の力、あるいは周囲からの助力によって解決するものでもありません。
そのため、時には逃げるということも選択肢の1つとして考えておく必要があります。


産業医ラボでは無料でストレスチェックを受けられます!

どの対処方法が一番いいのか?

上記の3つの対処方法はどれが優れているというものではありません。
また、いずれかの対処方法に固執し他の対処方法を使わないということは逆効果です。
ストレスの種類や現在の自分の状態に合った対処方法を柔軟に選択することで、メンタルヘルスが維持・向上されます。
産業医に気軽に相談しながら自分にあったストレス対処法を探していきましょう。

産業医ラボ.com


産業医ラボ.comでは無料ストレスチェックを受けることができます!

産業医ラボでは無料でストレスチェックを受けられます!


お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 5・ストレスチェック制度 導入前の準備
  2. 梅雨時期の寝苦しさを解消!睡眠の時間と質を向上して生活習慣病を予…
  3. 小規模事業場のメンタルヘルスケアと産業医の必要性
  4. その体調不良はメンタル不調から?それとも更年期? ~ 3分で分か…
  5. 活用していますか? お勤めの職場のカウンセリング窓口
  6. 【簡単!1人でできるメンタルケア】コロナストレスや新生活への不安…
  7. 湿度が上がると熱中症の危険度が上がる!?熱中症を予防するための3…
  8. テレワークで急増!日本人は世界で一番座っているって本当?長時間座…

Facebook

最新の記事

  1. 4人に1人が経験!「五月病」もメンタル不調のひとつ?一人で抱え込まずに誰かに相談しよう
  2. “笑う”だけじゃなく“泣く”こともストレスを緩和させる!?涙活のストレス解消・リラックス効果とは?当社専属の精神保健福祉士が解説します!
  3. 毎月22日は禁煙の日 失敗しても大丈夫!当社専属保健師による「禁煙」のすすめ

おすすめ記事

PAGE TOP