COLUMN

ストレスへの対処法 ときには逃げることも大切です

ストレスの対処法

ストレスへの対処法は大きく3つに分類されます

問題解決型対処

これは、ストレスの原因となった問題に直接立ち向かっていく対処行動です。自分の努力や周囲の協力を得てストレスの原因そのものをなくしたり、対策を立てて解決を図るなどが挙げられます。

情動焦点型対処

情動焦点型対処ではストレスとなった問題そのものに対処するのではなく、ストレスによって生じた不快な感情を忘れる対処法です。例えば、漫画を読んで気分転換をしたり、音楽や映画を見てリラックスしたりすることがあります。

回避型対処

これはストレスとなった問題から距離を置いたり、ストレスから逃げようとする対処です。一見するとストレスに対処していないと思われるかもしれませんが、全てのストレスが自分の力、あるいは周囲からの助力によって解決するものでもありません。
そのため、時には逃げるということも選択肢の1つとして考えておく必要があります。


産業医ラボでは無料でストレスチェックを受けられます!

どの対処方法が一番いいのか?

上記の3つの対処方法はどれが優れているというものではありません。
また、いずれかの対処方法に固執し他の対処方法を使わないということは逆効果です。
ストレスの種類や現在の自分の状態に合った対処方法を柔軟に選択することで、メンタルヘルスが維持・向上されます。
産業医に気軽に相談しながら自分にあったストレス対処法を探していきましょう。

産業医ラボ.com


産業医ラボ.comでは無料ストレスチェックを受けることができます!

産業医ラボでは無料でストレスチェックを受けられます!


お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 15・ストレスチェックと健康経営との密接な関係
  2. アンガーマネジメント~たった6秒でイライラをしずめる方法とは?~…
  3. 職場でできる新型コロナウイルス対策
  4. 新型コロナウイルスのワクチン、本当に安全なのか?
  5. 受検料実質無料!!職場の定着率をあげるストレスチェックとは?
  6. 12・ストレスチェック後に集団分析を行うべき理由
  7. コロナうつ!?新型コロナウイルスによるコロナ疲れはメンタルヘルス…
  8. カウンセリングを受けたい方へ 窓口での申し込みから受診までの流れ…

Facebook

最新の記事

おすすめ記事

PAGE TOP