COLUMN

外だけじゃない!室内にいても熱中症になる!

熱中症の現状

熱中症になる危険があるのは、日差しの強い屋外だけだと思っていませんか?
実は、室内で熱中症を発症して救急搬送される人は決して少なくありません。

東京都のデータでは、熱中症の死亡者のうち、発生場所が分かっているものの半分近くは屋内で死亡しているのです。特にお年寄りやキッチンで火を使用するときなどは十分な配慮が必要です。

なぜ、日差しの当たらない室内で熱中症になるの?

熱中症になるリスクは日差しだけではありません。
気温と湿度によって室内で熱中症になるリスクは十分にあります。
さらに汗が出にくい状態や汗が出るのに水分補給ができない場合が重なると、熱中症が起きやすくなります。室内にいても以下のような症状がいくつか起こる場合は熱中症の発症が考えられます。

・のどや口が渇く・頭痛・めまい・立ちくらみ・吐き気・倦怠感・食欲不振・集中力の低下

このような熱中症のサインがでたら速やかに涼しい場所に移動し衣服を緩め、身体を冷やしましょう。
このとき首や脇の下、足の付け根などに濡らしたタオルや保冷剤などを当てるとより効果的です。
そして大量に汗が出ている場合は塩分の入った飲み物や市販のスポーツドリンクなどを飲みましょう。

ただし意識がはっきりしていない人の場合、無理に水分を飲ませようとすると誤嚥する可能性があり危険なので、
救急車を呼んでください。

室内での熱中症予防対策は?

扇風機やエアコンを利用し、温度は28度以下、湿度は50~60%を目標とします。

室内だとのどの渇きを感じにくいですが、のどが渇いたと感じていなくてもこまめな水分補給を心掛けましょう。睡眠不足や寝汗も熱中症のリスクになります。寝ている間に人はコップ1杯の汗をかくと言われています。
まずは、睡眠環境を整え十分な睡眠をとり、バランスのよい食事をとって熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

日々の生活の中でも衣服を工夫したり、冷却グッズを利用するなどして熱中症を予防しましょう。室内の気温や湿度の状況をこまめに確認することも熱中症予防に効果があります。

「いま自分のいる環境がどのような状態なのか」を知ることは、熱中症予防の大切なポイントです。

また、熱中症の発生には、体調が大きく影響します。自分のいる環境を知ることとあわせて自分の体を知り、丈夫な体づくりを心掛け、体調に敏感になりましょう。

産業医ラボ.com


お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 食中毒に気を付けよう!
  2. 心の健康には腸内環境が大切~セロトニンとの関係~
  3. 「食欲の秋」にはきちんとした理由があった!?~脳内物質との関係~…
  4. 夏は冬より冷えやすい!?「冷房病」に気を付けよう!

最新の記事

おすすめ記事

PAGE TOP