COLUMN

いつも家を出るときにガスや電源・鍵などを何度も確認してしまいます。家を出た後に不安になり自宅に戻ることもあります。これはおかしいでしょうか?

大澤先生へ質問

【お名前:早織さん / 性別:女性 / 年代:20代】
いつも家を出るときにガスや電源・鍵などを何度も確認してしまいます。家を出た後に不安になり自宅に戻ることもあります。これはおかしいでしょうか?

大澤先生からのご回答

ご質問ありがとうございます。

強い不安やこだわりによって日常に支障が出てしまう病気で「強迫性障害」というものがあります。

これは、自分の意思に反して、不合理な考えやイメージが頭に繰り返し浮かんできて、それを振り払おうと同じ行動を繰り返してしまい、日常生活にも影響が出てきてしまう病気です。

症状は、抑えようとしてもしつこく、繰り返し生じてくる考えやこだわりなどの「強迫観念」と、手を洗ったあとでも汚れが気になり必要以上に何度も手洗いを繰り返したり、戸締りや火の元をしつこく確認しても安心できずに何度も繰り返すといった「強迫行為」があります。
それが習慣性をともない、どんどんエスカレートしていくと日常生活に支障をきたしてしまうほどの状態になります。

全人口のうち強迫性障害にかかっている人は1.2%、50~100人に一人の割合と言われています。
この障害の患者さんは、同じような行動を繰り返すことに意味がないと感じています。しかしながら、強迫観念に抗うことができず、大きな葛藤やストレスを感じていても、障害を性格の問題だととらえて受診せずにいる人や、精神科を受診することにためらいがあって、日常の不便を我慢している人が多いかもしれません。

発症には、性格的な側面、遺伝的要因、環境要因に加え、器質性疾患(感染症など)による脳機能の異常など、多様な要因が関係していると考えられていますが、なぜ強迫性障害になるのか、原因ははっきりとはわかっていません。
強迫性障害の治療方法は主に「薬物治療」と「認知行動療法」の2つを中心に行われます。
薬物療法では、強迫性障害の原因のひとつと考えられているセロトニンの異常を調整する働きを持つ薬を使用します。
認知行動療法では、強迫行為の回数を次第に減らしていきます。達成できる目標を段階的に設定して、患者さんが強迫観念による不安に立ち向かい、それを克服していくことで自信をつけていきます。

もし早織さんの確認行為が日常生活に支障をきたしているようであれば、お近くの精神科などの医療機関に受診することをおすすめします。

早織さんのできることから始めてみてください。



ご質問はこちらよりご連絡ください。
お気軽にご相談ください

関連記事

  1. 弊社は50人未満の会社なのですが、最近よく耳にするストレスチェッ…
  2. 毎日6時間ほどは寝ているのですが、なかなか疲れが取れません。どう…
  3. 自分は最近気分が落ち込みやすく、何をするにもやる気が起きず、仕事…
  4. ストレスチェック制度を実施しないと安全配慮義務違反になるって聞い…
  5. ストレスチェックはなぜしなければならないのですか?自分の都合のい…
  6. 先日、仕事のミスで部長から叱られました。私はパワハラだと思わない…
  7. 最近ヘルプマークをよく見かけるようになったのですが、電車や街中で…
  8. 職場で飲み会の頻度が多く、お酒を勧められるのが嫌で参加するのがつ…

Facebook

最新の記事

おすすめ記事

PAGE TOP