COLUMN

身内で薬物を使用しているかもしれない人がいるのですが、どこに相談したらいいのでしょうか?

大澤先生へ質問

【お名前:江藤さん / 性別:男性 / 年代:40代】
身内で薬物を使用しているかもしれない人がいるのですが、どこに相談したらいいのでしょうか?

大澤先生からのご回答

ご質問ありがとうございます。

最近では、芸能人が使用していてニュースでも多く取り上げられている薬物は、依存のリスクだけでなく、身体や脳へのダメージも大きく、錯乱などの深刻な精神症状や、けいれん発作、心拍停止を起こすケースもあり社会問題になっています。

さらに、インターネットやSNSの普及によって10代、20代の若い人からOLや主婦などの女性も手に入れることができてしまう世の中になってしまったため身近な人が薬物を使用している可能性が高くなってきています。

しかし薬物依存は、きちんと治療を受ければ回復できる病気です。
そのためにも早期の対応が必要となります。

ぜひ下記の相談先を活用してみてください!本人だけでなく家族や身内からの相談も受け付けています。

■精神保健福祉センター

各都道府県、政令指定都市にあり、薬物依存についての相談窓口があります。

URL:http://www.zmhwc.jp/centerlist.html

■ダルク

薬物依存から回復した当事者が中心になって運営している回復施設です。
家族の相談も受けています。

URL:http://jcca-catholic.jp/drug.html

■NA(ナルコティクス・アノニマス)

薬物依存からの回復を目指す自助グループ。

URL:https://najapan.org/

■全国薬物依存症者家族会連合会

薬物依存症者を抱える家族の集まりで、全国各地で開催されている家族会の連合組織です。

URL:https://www.yakkaren.com/

江藤さんのできることから始めてみてください!



ご質問はこちらよりご連絡ください。
お気軽にご相談ください

関連記事

  1. メンタルの問題で、休職中の方に上司としてどの程度の頻度で連絡をす…
  2. 日々仕事が多忙で、休日に家族と過ごしている時でも、ふと仕事のこと…
  3. 職場異動して初日から事務所の2人から怒鳴られます。
  4. 5年間一緒に働いていた大切な部下が昨年部署を異動となり鬱病になり…
  5. 私の会社には産業医さんがいるのですが、産業医面談というのはどんな…
  6. 暑い日が続いて体がだるくて、なにもやる気がおきません。夏バテなん…
  7. 産業医の衛生講話って必要なんでしょうか?
  8. 弊社は50人未満の会社なのですが、最近よく耳にするストレスチェッ…

Facebook

最新の記事

  1. 4人に1人が経験!「五月病」もメンタル不調のひとつ?一人で抱え込まずに誰かに相談しよう
  2. “笑う”だけじゃなく“泣く”こともストレスを緩和させる!?涙活のストレス解消・リラックス効果とは?当社専属の精神保健福祉士が解説します!
  3. 毎月22日は禁煙の日 失敗しても大丈夫!当社専属保健師による「禁煙」のすすめ

おすすめ記事

PAGE TOP