COLUMN

本日5月25日より接種開始!新型コロナワクチン4回目接種の対象者とは?副反応についても紹介します。

本日5月25日より接種開始!新型コロナワクチン4回目接種の対象者とは?副反応についても紹介します。

本日5月25日より接種開始!新型コロナワクチン4回目接種の対象者とは?副反応についても紹介します。

 

本日5月25日から、新型コロナワクチンの4回目接種が開始されます。
今回の接種では、どのような方が対象者になるのか?先立って行われている他国での4回目接種の副反応は?などについてご紹介いたします。

 


 

■4回目接種の対象者や接種間隔は?

本日開始される新型コロナワクチン4回目接種の対象者は以下の方となります。
3回目の接種から5か月以上が経過した、

①60歳以上の方

②18歳以上で、基礎疾患を有する方、その他重症化リスクが高いと医師が認めた方

※②に該当するか否かについては、基礎疾患等で医療機関を受診しておられる方や事前に相談できる医療機関をお持ちの方は、その医療機関の医師にご相談ください。
事前に相談できる医療機関をお持ちでない方は、接種会場の予診の際にご相談ください。

(2022年5月現在)

 

接種券は郵送されてくる?

60歳以上の方は、お住まいの自治体から接種券が郵送されます。
18歳以上59歳までの方の接種券の配布方法は、お住まいの自治体からの情報発信をご確認ください。自治体によって配布方法が異なるようです。
予約方法については、接種券お届けの際に同封されているお便りや、各自治体のホームページなどをご覧ください。

 

接種するワクチンは?

1~3回目に接種したワクチンの種類に関わらず、ファイザー社またはモデルナ社のワクチンを使用します。

 

効果や副反応は?

厚生労働省の発表によると、海外の研究では3回目接種から4か月以上経過した60歳以上の方にファイザー社製のワクチンを4回目接種した場合、オミクロン株流行期において接種後6週間経過しても重症化予防効果が低下せず維持されていたと報告されています。
また、4回目接種後21日目までにおいて、重大な副反応は認めなかったと報告されているようです。
新型コロナワクチン四回目接種の副反応

出典:厚生労働省 60歳以上の方や、基礎疾患を有する方へ(PDF)
https://www.mhlw.go.jp/content/000936229.pdf

 

まとめ

新型コロナワクチン接種を受ける際には、感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について正しい知識を持った上で、ご本人の意思に基づいて接種を判断してください。

 


 

 産業医ラボ.comでは、
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

  
メンタルヘルス・お薬相談ROOMはこちら↑

関連記事

  1. 1.ストレスチェック制度とは
  2. 産業医の役割と周知の必要性について-chapter 1-
  3. 【韓国通信 第4回】隣国は今 いよいよ韓国も「ゼロコロナ」から「…
  4. 花粉シーズン到来!新しい生活様式にあわせた花粉対策
  5. 米国製の新型コロナワクチン「ノババックス」は、従来のワクチンと何…
  6. 熱中症に気をつけよう!~外だけじゃなく、室内にいても熱中症になる…
  7. 【韓国通信 第7回】隣国は今 韓国で新型コロナウイルスの飲む治療…
  8. アンガーマネジメント~たった6秒でイライラをしずめる方法とは?~…

Facebook

最新の記事

  1. 6月26日は国際麻薬乱用撲滅デー「ダメ。ゼッタイ。」普及活動とは?医薬品の間違った使い方について当社専属の管理薬剤師が解説します
  2. イライラするのは原因があった!?イライラしやすい人とイライラしにくい人の違いとは?当社専属の精神保健福祉士がご紹介します!
  3. セルフタッチでオキシトシンを増やし、ストレスの緩和や免疫力アップにつなげよう! 当社専属精神保健福祉士が紹介します

おすすめ記事

  1. イライラするのは原因があった!?イライラしやすい人とイライラしにくい人の違いとは?当社専属の精神保健福祉士がご紹介します!
PAGE TOP