COLUMN

ストレスが溜まると免疫力が低下し感染症にかかりやすくなる?免疫力を高め自律神経を整える方法とは 当社専属の精神保健福祉士が解説します

ストレスが溜まると免疫力が低下し感染症にかかりやすくなる?免疫力を高め自律神経を整える方法とは 当社専属の精神保健福祉士が解説します

ストレスが溜まると免疫力が低下し感染症にかかりやすくなる?免疫力を高め自律神経を整える方法とは 当社専属の精神保健福祉士が解説します

 

人はストレスが溜まると免疫力が低下してしまい、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりやすくなってしまいます。なぜストレスが溜まると免疫力が低下してしまうのか。その原因は自律神経に大きく関係しています。今回のコラムでは、自律神経とは?免疫力を高めるには、など当社専属の精神保健福祉士がご紹介いたします!

 


 

■自律神経とは

自律神経とは、血管や内臓をコントロールしている神経で、免疫に関する細胞もコントロールしているのです。体を活発に動かすときにはたらく交感神経と、体を休めているときにはたらく副交感神経の2つが互いにバランスを取ることで体の状態を調節しています。しかし、ストレスや睡眠不足、栄養バランスの偏った食事などをしていると2つのバランスが崩れ、自律神経が乱れてしまうことがあります。この自律神経の乱れが、免疫力の低下につながり、感染症にかかりやすい体になってしまうのです。

免疫力を高める方法

自律神経を乱れさせないためには、免疫力を高めていくことが必要です。では、どのように高めていけばいいでしょうか?

①適度な運動をする
ウォーキングやストレッチなど適度な運動はストレス解消にもつながり、免疫力を上げる効果にも期待できます。運動には血行を促進する効果があり、体中に血液が行き渡ると免疫細胞がすみずみに運ばれ、免疫力のもとになる酵素が活性化されるのです。しかし、激しい運動をしてしまうと逆に免疫力を下げてしまうこともあるので、過度な筋トレや運動は避けましょう。

②腸内環境を整え、バランスの良い食事をとる
腸は最大の免疫器官といわれています。私たちの腸内には、免疫力を高める有用菌と、毒素を出したりする悪い菌が共存しています。この悪い菌が増えると免疫力の低下につながってしまうのです。そうならないためにも、有用菌を増やす乳酸菌や食物繊維、発酵食品などを積極的にとり、バランスの良い食事を心掛けましょう。

③質の良い睡眠をとる
自律神経を整えるためには、質の良い睡眠や十分な睡眠が大切です。質の良い睡眠をとるためには、寝る前のカフェインやアルコール摂取、スマホやパソコンの閲覧を避けて、リラックスできる環境をつくりましょう。

④体温を上げる
体温が1℃上がると、免疫力が5~6倍も上がるといわれています。血流やリンパの流れがよくなり、その流れにのって全身をパトロールする免疫細胞が、侵入してきたウイルスを捕まえやすくなるのです。そのためには、運動や入浴などで体温が上がる状態をつくりましょう。

 

■まとめ

ストレスは自律神経のバランスを乱し、免疫力を低下させ、感染症にかかりやすい体になってしまいます。適度な運動や質の良い睡眠を心掛け、うまくストレスを解消し、健康な毎日を過ごしましょう。

 


 

■ 執筆 ■
大澤 海実
おおさわ あみ

株式会社セントラルメディエンス
産業医ラボ.com専属精神保健福祉士

入社前は精神科のクリニックにて
AC(アダルトチルドレン)やaddiction(依存症)の患者を対象に
数多くの生活相談を受ける。
現在は、当運営会社 株式会社ヴェリタスジャパンに入社し、
産業医ラボ.comの専属精神保健福祉士として活躍している。
主に従業員・一般個人のメンタルヘルス相談や
ストレスチェックに関する企業へのサポート業務を担当。

「大澤先生の一問一答」
https://sangyouilabo.com/category/qanda/

 

 産業医ラボ.comでは、
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

  
メンタルヘルス・お薬相談ROOMはこちら↑

産業医ラボ.com

"お問い合わせ</p

関連記事

  1. オミクロン株対応の新型コロナワクチンが来週より順次予約、接種開始へ 接種対象者や副反応について紹介します! オミクロン株対応の新型コロナワクチンが接種開始へ 接種対象者や副…
  2. 今年はインフルエンザが大流行!?インフルエンザと風邪の違いや予防法、重篤化のサインについて紹介します。 【2022年最新版】今年はインフルエンザが大流行!?インフルエン…
  3. 夜にスマホの光を浴びると不眠に繋がる?日照時間の違いが体内時計に…
  4. 3月から小児用新型コロナワクチン接種を開始!接種時までに知っておきたい安全性や注意事項を当社専属保健師が解説します 3月から小児用新型コロナワクチン接種を開始!接種時までに知ってお…
  5. 貴社の人手は足りていますか?人材不足がもたらす影響と健康経営とい…
  6. 過去最多の感染者数を更新中「梅毒」とは? 初の 1 万人越え!過去最多の感染者数を更新中の「梅毒」とは?匿…
  7. 姿勢が悪いとストレスがたまりやすくなる!~ストレスホルモン「コル…
  8. 職場環境改善計画助成金(A/Bコース)が廃止となり、新しく事業場…

Facebook

最新の記事

  1. アドバイスを受けるのが目的ではない!?「カウンセリングを受ける意味とは」産業医ラボ.com専属精神保健福祉士が解説
  2. 【大澤先生の一問一答】
  3. 今春にも新型コロナウイルス感染症が「2類相当」から「5類」に引き下げへ!5類になると今までとどう変わる!?メリット・デメリットをご紹介します。

おすすめ記事

  1. 【大澤先生の一問一答】
  2. 5歳から11歳の3回目新型コロナワクチン接種が承認されました。接種時に知っておきたい安全性や注意事項について当社専属保健師が解説します!
PAGE TOP