COLUMN

「心のバリアフリー」を知っていますか?

「心のバリアフリー」は2020年のパラリンピック競技大会を契機に、ユニバーサルデザイン2020行動計画において国民の意識やそれに基づくコミュニケーション等個人の行動に向けて働きかける取組みのことです。

「心のバリアフリー」とは

ユニバーサルデザイン2020行動計画で取り組む「心のバリアフリー」とは、様々な心身の特性や考え方を持つすべての人々が、相互に理解を深めようとコミュニケーションをとり、支え合うことである。そのためには、一人一人が具体的な行動を起こし継続することが必要である。各人がこの「心のバリアフリー」を体現するためのポイントは以下の3点である。

  1. 障害のある人への社会的障壁を取り除くのは社会の責務であるという「障害の社会モデル」を理解すること。
  2. 障害のある人(及びその家族)への差別(不当な差別的取扱い及び合理的配慮の不提供)を行わないよう徹底すること。
  3. 自分とは異なる条件を持つ多様な他者とコミュニケーションを取る力を養い、すべての人が抱える困難や痛みを想像し共感する力を培うこと。

心のバリアとは

そもそもここで言われているバリアとは、生活の中で不便を感じたり、様々な活動をしようとするときに障壁になっていることです。私たちが暮らす社会の中には様々な人がいます。そしてほとんどの人たちは不便でもなんでもないと思っていることでも、少数の人たちにとっては不便さや困難さを生むバリアとして存在しています。
このバリアには建物や道路などの物理的なバリア、社会のルール、制度によって、障害のある人が能力以前の段階で機会の均等を奪われる制度的なバリア、情報の伝え方が不十分であるために、必要な情報が平等に得られない文化・情報面でのバリア、そして偏見や差別、無関心などの障害のある人を受け入れない意識上のバリアなどがあります。

意識と行動でバリアをなくそう!

まずは私たちが、平等な社会参加の機会が確保されず、差別を受けている人がいることに気づくことが「心のバリアフリー」の第一歩です。
しかし障害のある人が、常に支援を必要としている、受ける側という立場などの偏見や思い込みがあることで、バリアが作り出されます。

バリアを感じている人の身になって考え、行動を起こすことこそが「心のバリアフリー」です。


産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 職場環境改善計画助成金(A/Bコース)が廃止となり、新しく事業場…
  2. 従業員全員が面談をすることで離職リスクをおさえられる!?面談でか…
  3. 従業員が50人を超えたとき、企業がしなければならない義務とは?
  4. 労働者が50人未満の事業場において労働者が直接健康相談できる環境…
  5. 衛生委員会って具体的に何をするの?テーマはどうやって決めるの?衛…
  6. 過労自殺は何故起きるのか
  7. プレゼンティズムによる企業への影響~損失の大きさから健康経営とい…
  8. 『働き方改革関連法』施行により、ワークライフバランスの実現は可能…


ストレスチェックラボ.com|個人の方は無料で受検できます

 

資料請求はこちらから

Facebook

最新の記事

おすすめ記事

PAGE TOP