COLUMN

今春にも新型コロナウイルス感染症が「2類相当」から「5類」に引き下げへ!5類になると今までとどう変わる!?メリット・デメリットをご紹介します。

今春にも新型コロナウイルス感染症が「2類相当」から「5類」に引き下げへ!5類になると今までとどう変わる!?メリット・デメリットをご紹介します。

今春にも新型コロナウイルス感染症が「2類相当」から「5類」に引き下げへ!

5類になると今までとどう変わる!?メリット・デメリットをご紹介します。

 

コロナ禍になって早3年が経過しようとしていますが、1月20日に政府が今春を目途に新型コロナウイルスを感染症法の2類相当から5類に引き下げる方針を示しました。実際に変更になった場合、どんな変化があるのか?メリット、デメリットもご紹介します!

 


 

コロナが5類になると何が変わる?

今までは2類相当という2類よりも厳しい分類でしたが、5類相当とはインフルエンザなどと同等となります。実際にどのような違いがあるのか比較してみましょう。
2類相当と5類の比較

現在、新型コロナウイルス感染症に感染した場合はお住いの市区町村市区町村や保健所などへの報告や経過観察などが必要となっています。今後はインフルエンザになった時と同様の対応になっていくと考えると分かりやすいかと思います。

●メリット

・感染しても、かかりつけ医などの一般診療所を受診できる
・強い行動制限がなくなるため、社会経済が更に円滑になる

●デメリット

・医療費や薬代がかかる(保険診療対応)※
・強い行動制限がなくなり学校や職場でクラスターが発生、まん延しやすい
・ワクチンが有料化する可能性がある(インフルエンザ予防接種などと同様)
・治療薬が広く流通していない

※現在、全額公費で負担している医療費などは段階的に縮小することが検討されています

 

具体的な移行の時期は今後協議の上、正式に発表されるとのことです。また、マスク着用に関してのルールを見直すとしていて、3年間という長いコロナ対策が大きな転換点を迎えそうです。
しかし、未だ1日に10万人前後の新規感染者が確認されていますので、引き続き感染対策を万全にしていきましょう!

 


 

 

 産業医ラボ.comでは、
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

  

産業医ラボ.com

 

関連記事

  1. 5歳から11歳の3回目新型コロナワクチン接種が承認されました。接種時に知っておきたい安全性や注意事項について当社専属保健師が解説します! 5歳から11歳の3回目新型コロナワクチン接種が承認されました。接…
  2. 私たちの追加接種はいつから?ファイザー社製、新型コロナワクチンの…
  3. 【韓国通信 第4回】隣国は今 いよいよ韓国も「ゼロコロナ」から「…
  4. 夜にスマホの光を浴びると不眠に繋がる?日照時間の違いが体内時計に…
  5. セルフタッチでオキシトシンを増やし、ストレスの緩和や免疫力アップにつなげよう! 当社専属精神保健福祉士が紹介します セルフタッチでオキシトシンを増やし、ストレスの緩和や免疫力アップ…
  6. 忙しいからと健康診断を後回しにしていませんか?これを読んだら早め…
  7. ストレスへの対処法 ときには逃げることも大切です
  8. 食欲がない、疲れが取れない、楽しめない。その症状、もしかして【う…

Facebook

最新の記事

  1. 2月は「全国生活習慣病予防月間」 毎日10分!おうち時間で簡単にできる、生活習慣病を予防するための「6つのススメ」とは?
  2. アドバイスを受けるのが目的ではない!?「カウンセリングを受ける意味とは」産業医ラボ.com専属精神保健福祉士が解説
  3. 【大澤先生の一問一答】

おすすめ記事

  1. 【大澤先生の一問一答】
PAGE TOP