COLUMN

従業員全員が面談をすることで離職リスクをおさえられる!?面談でかかるコストよりも休職や離職にかかるコストのほうが高い!!

従業員全員に対して面談を行うなんて、そんな時間もお金もない、と言われるかもしれません。

しかし面談でかかるコストよりも、それで防げる休職や離職にかかるほうが大きな損失になるのです!

コスト比較

もし入社3年目、年収300万円の新入社員がメンタルヘルス不調になり…

半年間休職になった場合、約500万円の損失
離職になった場合、約1000万円の損失

と言われています。

それに対して、面談にかかるコストを考えると…

もし、100人の従業員がいる事業場で1人あたり15分~30分程度の面談を行うとすると

約100万円~150万円程度です
産業医ではなく、保健師や精神保健福祉士、産業カウンセラーなどの産業保健スタッフが行うことでさらにコストを抑えることができる可能性もあります。
※これはあくまでおおよその値段であり、契約している産業医などにもよります。

なぜ面談を行うことで休職や離職を防ぐことができるのか

○メンタルヘルス不調で休職する原因

  • 仕事の質や量の負担
  • 対人関係
  • 長時間労働

○離職する原因(参考:リクナビ退職理由本音ランキング

  • 上司や経営者の仕事の仕方が気に入らない
  • 労働時間や環境への不満
  • 同僚・先輩・後輩とうまくいかない

これらの原因は、相談できる上司や同僚が近くにいれば改善されるかもしれませんが、ほとんどが相談できる相手がいないことで休職や離職に至ります。

だからといって自ら産業医や産業保健スタッフに相談に行くことを躊躇ってしまう方も多いと思います。
しかし数年に1回でも従業員全員が面談を行う機会があれば、そのときに相談することができ、さらに産業医を通して職場環境の改善を行うこともできます。

ぜひともあなたの会社で、従業員全員が面談を受ける制度を構築してみてはいかがでしょうか?

メンタルヘルス不調による休職者が発生した場合の損失コストを計算できる「MOSIMO」はこちら


産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 令和元年から新たに加わった助成金制度“治療と仕事の両立支援助成金…
  2. 10月10日は「世界メンタルヘルスデー」です。 5人に1人がこころの病気にかかる時代 産業医や保健師の他にも、相談窓口の活用を! 当社専属の保健師が解説します。 10月10日は「世界メンタルヘルスデー」です。 5人に1人がここ…
  3. オミクロン株対応の新型コロナワクチンが来週より順次予約、接種開始へ 接種対象者や副反応について紹介します! オミクロン株対応の新型コロナワクチンが接種開始へ 接種対象者や副…
  4. 今年はインフルエンザが大流行!?インフルエンザと風邪の違いや予防法、重篤化のサインについて紹介します。 【2022年最新版】今年はインフルエンザが大流行!?インフルエン…
  5. 本日薬事承認!ノババックス社製 新型コロナワクチン「ヌバキソビット筋注」とは?他のワクチンとの違いなどを当社専属の管理薬剤師が解説します! 本日薬事承認!ノババックス社製 新型コロナワクチン「ヌバキソビッ…
  6. 新型コロナウイルスのワクチン、本当に安全なのか?
  7. 産業医の役割と周知の必要性について-chapter 3-
  8. 本日6月10日から受け入れ開始!外国人向けの水際対策措置の見直しと緩和について紹介します。 本日6月10日から受け入れ開始!外国人向けの水際対策措置の見直し…

Facebook

最新の記事

  1. 今冬は新型コロナウイルスとインフルエンザが同時流行!?急な発熱時、どうしたらいい?判定チャートで紹介します
  2. 【大澤先生の一問一答】
  3. 今月は寝不足のピーク!?  睡眠改善インストラクターが伝授、W杯観戦でもスッキリ朝を迎える方法とは? 

おすすめ記事

  1. 最近CMでもよく見かける「帯状疱疹」とは?放っておくと重症化のリスクも 症状や予防ワクチンの効果について管理薬剤師が解説します!
PAGE TOP