COLUMN

従業員全員が面談をすることで離職リスクをおさえられる!?面談でかかるコストよりも休職や離職にかかるコストのほうが高い!!

従業員全員に対して面談を行うなんて、そんな時間もお金もない、と言われるかもしれません。

しかし面談でかかるコストよりも、それで防げる休職や離職にかかるほうが大きな損失になるのです!

コスト比較

もし入社3年目、年収300万円の新入社員がメンタルヘルス不調になり…

半年間休職になった場合、約500万円の損失
離職になった場合、約1000万円の損失

と言われています。

それに対して、面談にかかるコストを考えると…

もし、100人の従業員がいる事業場で1人あたり15分~30分程度の面談を行うとすると

約100万円~150万円程度です
産業医ではなく、保健師や精神保健福祉士、産業カウンセラーなどの産業保健スタッフが行うことでさらにコストを抑えることができる可能性もあります。
※これはあくまでおおよその値段であり、契約している産業医などにもよります。

なぜ面談を行うことで休職や離職を防ぐことができるのか

○メンタルヘルス不調で休職する原因

  • 仕事の質や量の負担
  • 対人関係
  • 長時間労働

○離職する原因(参考:リクナビ退職理由本音ランキング

  • 上司や経営者の仕事の仕方が気に入らない
  • 労働時間や環境への不満
  • 同僚・先輩・後輩とうまくいかない

これらの原因は、相談できる上司や同僚が近くにいれば改善されるかもしれませんが、ほとんどが相談できる相手がいないことで休職や離職に至ります。

だからといって自ら産業医や産業保健スタッフに相談に行くことを躊躇ってしまう方も多いと思います。
しかし数年に1回でも従業員全員が面談を行う機会があれば、そのときに相談することができ、さらに産業医を通して職場環境の改善を行うこともできます。

ぜひともあなたの会社で、従業員全員が面談を受ける制度を構築してみてはいかがでしょうか?

メンタルヘルス不調による休職者が発生した場合の損失コストを計算できる「MOSIMO」はこちら


産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 【自己診断シート付】ストレスを受けやすい性格の紹介『タイプA』~…
  2. 【韓国通信 第4回】隣国は今 いよいよ韓国も「ゼロコロナ」から「…
  3. 定期健診結果報告書やストレスチェック報告書への産業医の押印が不要…
  4. カウンセリングを受けたい方へ 窓口での申し込みから受診までの流れ…
  5. 保健師・助産師・看護師ってどう違うの? 産業医ラボ.com専属保…
  6. 【韓国通信 第3回】隣国は今 韓国の新型コロナワクチンの種類と接…
  7. 従業員が50人を超えたとき、企業がしなければならない義務とは?
  8. いよいよ外来診療でも投与開始 抗体カクテル療法は、新型コロナウイ…

Facebook

最新の記事

おすすめ記事

PAGE TOP