COLUMN

認知症対策に新たな大綱が決定!共生と予防を目標に掲げる!

政府は今月18日に、認知症対策を強化するための新たな大綱を関係閣僚会議で決定しました。発症や進行を遅らせる「予防」に初めて重点を置き、認知症の人が暮らしやすい社会を目指す従来の「共生」とともに目標を掲げました。

この大綱は2015年策定の「新オレンジプラン」に代わるもので、団塊の世代全員が75歳になるまでの2025年までを対象期間としました。同年には認知症の高齢者が5人に1人に当たる約730万人に達すると考えられています。

予防の新たな定義としては「認知症にならない」ではなく「認知症になるのを遅らせる」「認知症になっても進行を緩やかにする」と明記しています。認知症は「誰もがなりうる」として上で、「発症を遅らせ、認知症になっても希望をもって日常生活を過ごせる社会」を目指すことを掲げました。

共生のために認知症本人からの発信の機会を増やし、「認知症本人大使」を創設するなどし、地域で暮らす当事者とともに認知症の啓発に力を入れます。

さらに共生を広げる新たな施策として、鉄道やバスなど一定の規模以上の公共交通事業者に対し、配慮計画の作成を義務付けるほか、高齢運転者向けの免許制度を創設するなど関係省庁の施策もまとめました。

【認知症新大綱のポイント】


産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 季節の変わり目で咳や鼻水が出たり、体がだるくなるなんてことありま…
  2. 産業医の役割と周知の必要性について-chapter 3-
  3. 自律神経のバランスを整えよう
  4. 質の良い睡眠が心の健康を保つ
  5. メンタルヘルス不調で休職した社員の職場復帰支援における5ステップ…
  6. ストレスへの対処法 ときには逃げることも大切です
  7. 13・ストレスチェック後の集団分析をどう活かすか
  8. 夏は冬より冷えやすい!?「冷房病」に気を付けよう!

Facebook

最新の記事

おすすめ記事

PAGE TOP