COLUMN

認知症対策に新たな大綱が決定!共生と予防を目標に掲げる!

政府は今月18日に、認知症対策を強化するための新たな大綱を関係閣僚会議で決定しました。発症や進行を遅らせる「予防」に初めて重点を置き、認知症の人が暮らしやすい社会を目指す従来の「共生」とともに目標を掲げました。

この大綱は2015年策定の「新オレンジプラン」に代わるもので、団塊の世代全員が75歳になるまでの2025年までを対象期間としました。同年には認知症の高齢者が5人に1人に当たる約730万人に達すると考えられています。

予防の新たな定義としては「認知症にならない」ではなく「認知症になるのを遅らせる」「認知症になっても進行を緩やかにする」と明記しています。認知症は「誰もがなりうる」として上で、「発症を遅らせ、認知症になっても希望をもって日常生活を過ごせる社会」を目指すことを掲げました。

共生のために認知症本人からの発信の機会を増やし、「認知症本人大使」を創設するなどし、地域で暮らす当事者とともに認知症の啓発に力を入れます。

さらに共生を広げる新たな施策として、鉄道やバスなど一定の規模以上の公共交通事業者に対し、配慮計画の作成を義務付けるほか、高齢運転者向けの免許制度を創設するなど関係省庁の施策もまとめました。

【認知症新大綱のポイント】


産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 14・ストレスチェックにかかる費用
  2. 春は頭痛が起きやすい?!気温・気圧の変化による「頭痛」対策 薬剤…
  3. ストレスコーピングを学ぼう!
  4. 毎月22日は禁煙の日 失敗しても大丈夫!当社専属保健師による「禁煙」のすすめ 毎月22日は禁煙の日 失敗しても大丈夫!当社専属保健師による「禁…
  5. 本日6月10日から受け入れ開始!外国人向けの水際対策措置の見直しと緩和について紹介します。 本日6月10日から受け入れ開始!外国人向けの水際対策措置の見直し…
  6. 2021年3月1日から障害者の法定雇用率が引き上げになります!対…
  7. 3月から小児用新型コロナワクチン接種を開始!接種時までに知っておきたい安全性や注意事項を当社専属保健師が解説します 3月から小児用新型コロナワクチン接種を開始!接種時までに知ってお…
  8. 今注目の「健康経営」という考え方

Facebook

最新の記事

  1. 6月26日は国際麻薬乱用撲滅デー「ダメ。ゼッタイ。」普及活動とは?医薬品の間違った使い方について当社専属の管理薬剤師が解説します
  2. イライラするのは原因があった!?イライラしやすい人とイライラしにくい人の違いとは?当社専属の精神保健福祉士がご紹介します!
  3. セルフタッチでオキシトシンを増やし、ストレスの緩和や免疫力アップにつなげよう! 当社専属精神保健福祉士が紹介します

おすすめ記事

  1. 3月から小児用新型コロナワクチン接種を開始!接種時までに知っておきたい安全性や注意事項を当社専属保健師が解説します
PAGE TOP