COLUMN

湿度が上がると熱中症の危険度が上がる!?熱中症を予防するための3つのポイントとは? (熱中症応急処置チェックシート付き)

湿度が上がると熱中症の危険度が上がる!?熱中症を予防するための3つのポイントとは?

(熱中症応急処置チェックシート付き)

 

■CHECK POINT!

①気温だけでなく湿度も重要!?熱中症になりやすい状況とは?
②熱中症を予防する3つのポイントとは?
③これって熱中症?チェックシートを見て速やかに対応しよう!

コロナ禍の今、夏場もマスク生活が続きますが、こまめに水分を摂るとともに今いる自分の環境下が熱中症の危険性がどのくらいあるのかを知ることも大切です。そこで、今回は熱中症の危険性と熱中症予防について、一緒に学んでいきましょう!


暑さ指数とは?

熱中症の危険度を判断する数値として、環境省では平成18年から暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度の情報を提供しています。暑さ指数(WBGT:湿球黒球温度)とは、人間の熱バランスに影響の大きい気温・湿度 ・輻射熱(ふくしゃねつ)の、3つを取り入れた温度の指標です。これらは乾球温度計、湿球温度計、黒球温度計による計測値を使って計算されます。
*正確にはこれらの3つに加え、風(気流)も指標に影響します。

暑さ指数(WBGT)に関して、温度が同じ温度でも、湿度が高いと危険性は増していくことがわかりますね。実際同じ32.5℃の気温でも湿度が15%違うだけで警戒から厳重警戒になり熱中症で搬送される人も、2倍近くに増加します。

出典環境省 熱中症予防情報サイト 暑さ指数(WBGT)について学ぼう
出典:厚生労働省 WBGT値と気温、相対湿度との関係


熱中症を予防するための3つのポイント!

①のどが渇いてなくてもこまめに水分摂取

具体的に水分はどのくらい摂れば良いのでしょうか?体重60㎏の人で、水やお茶などの形で、一日最低1.2リットルの摂取する必要があります。
食事で1リットルくらいとして、一日トータル2.5リットルは必要となってきます。
運動以外で、日常生活の中で汗をかく入浴後、起床時には水を飲みましょう。
(プラスコップ1杯ずつくらい)
運動する場合は、汗の量や、塩分排出量も考える必要があります。

②暑さを避けましょう

涼しい服装日傘や帽子
・少しでも体調が悪くなったら、涼しい場所へ移動
・涼しい室内に入れなければ、外でも日陰

③暑さに備えた体づくりと、日頃から体調管理をしましょう

暑さに備え、暑くなりはじめの時期から、無理のない範囲で適度に運動
(やや暑い環境で、ややきついと感じる強度で毎日30分程度水分補給は忘れずに!
・毎朝など、定時の体温測定健康チェック
・体調が悪いときは、無理せず自宅で療養

※エアコン使用中もこまめに換気をして感染を防ぎましょう。換気中もエアコンを止める必要はありません!

厚生労働省 健康のために水を飲もう講座

 


熱中症を疑う場合の対処法とは?

もし、あなたのまわりの人が熱中症のような症状が出てしまったら…?落ち着いて、状況を確かめてから対処しましょう。下記のフローチャートを参考にしてみてください。最初の処置が肝心です!

いざという時に使用できるチェックシートもご用意しました。救急車を呼んだ際に必ず確認される症状について、住所と電話番号など、あると助かる項目が記入できます!ご家庭や会社などでぜひご活用ください。

 

熱中症応急処置チェックシートはこちら!

 

出典:環境省熱中症予防情報サイト 熱中症の対処方法(応急処置)


■まとめ

まだ先の話と思ってしまいがちな熱中症ですが、すでに対策が必要な時期を迎えています。気温があまり高くなくても湿度が高ければ熱中症になるリスクは高まります。これから梅雨の季節になりますので、特に注意が必要です。涼しくなるような工夫や水分をたくさんとるなど、できる限り熱中症対策をしていきましょう!

 執筆
小岩 統子
こいわ とうこ
株式会社ヴェリタスジャパン
産業医ラボ.com専属保健師

臨床にてICU・内科・訪問看護を5年ほど経験したのち、
健康保険組合・企業などにて13年間産業保健師として活躍。
現在は、当運営会社 株式会社ヴェリタスジャパンに入社し、
産業医ラボ.comの専属保健師として活躍している。

産業医ラボ.comでは、保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

 
メンタルヘルス・お薬相談ROOMはこちら↑

産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 季節の変わり目で咳や鼻水が出たり、体がだるくなるなんてことありま…
  2.  毎月22日は禁煙の日 加熱式たばこは害がない?当社専属保健師が〝紙たばこと加熱式たばこの違い〟を解説 毎月22日は禁煙の日 加熱式たばこは害がない?当社専属保健師が〝…
  3. 新薬はアルツハイマー型認知症の救世主となるか?産業医ラボ.com…
  4. 【韓国通信 第3回】隣国は今 韓国の新型コロナワクチンの種類と接…
  5. うつ病となにが違う?「躁」と「うつ」の状態を繰り返す【双極性障害…
  6. 労働者数が50人未満の事業場において、産業医を選任し、実際に産業…
  7. コロナうつ!?新型コロナウイルスによるコロナ疲れはメンタルヘルス…
  8. 中小企業も義務化へ!2022年4月から開始 パワハラ相談窓口の設置義務化に向けて企業がすべきこととは?当社専属の精神保健福祉士が解説 中小企業も義務化へ!2022年4月から開始 パワハラ相談窓口の設…

Facebook

最新の記事

  1. 台風シーズン到来 気候や気圧の変化で頭痛や不調が起きる「気象病」とは?症状の軽減方法など、当社専属の精神保健福祉士が紹介します!
  2. 【大澤先生の一問一答】
  3. オミクロン株対応の新型コロナワクチンが来週より順次予約、接種開始へ 接種対象者や副反応について紹介します!

おすすめ記事

  1. 【大澤先生の一問一答】
  2. 【大澤先生の一問一答】
PAGE TOP