COLUMN

最近CMでもよく見かける「帯状疱疹」とは?放っておくと重症化のリスクも 症状や予防ワクチンの効果について管理薬剤師が解説します!

最近CMでもよく見かける「帯状疱疹」とは?放っておくと重症化のリスクも 症状や予防ワクチンの効果について管理薬剤師が解説します!

最近CMでもよく見かける「帯状疱疹」とは?放っておくと重症化のリスクも

症状や予防ワクチンの効果について管理薬剤師が解説します!

 

「帯状疱疹を予防するワクチンを50歳以上になったら打ちましょう」というようなテレビCMが放映されているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか?帯状疱疹という言葉を聞いたことがある、かかると痛いと聞いたことがある、という方もいらっしゃるかと思います。
今回のコラムでは、帯状疱疹とは?症状や予防接種についてなど、当社専属の管理薬剤師がご紹介します!

 


 

帯状疱疹とは

帯状疱疹は神経に潜んでいた水痘・帯状疱疹ウイルスが活性化することで発症する皮膚疾患です。多くは子供の頃に水疱瘡に感染したことのある人に発症しますが、水疱瘡が治った後ウイルスが神経節に残り潜伏します。その後免疫力が低下したりストレスがかかったりした時にウイルスが目覚め、発症します。

 

■帯状疱疹の症状は

帯状疱疹の症状は、体の神経に沿って赤い班点と水ぶくれが帯状に現れ痛みを伴います。
その症状は体の左右どちらか半身、特に上半身に多く現れます。顔面や目の周りに現れることもあります。
症状には個人差がありますがピリピリするような痛みから、夜眠れないほどの痛みを伴う場合もあります。多くの症状は数週間で治りますが神経が損傷されることからその後も数カ月以上痛みが続く場合があり、これは帯状疱疹後神経痛と呼ばれています。
85歳の人の約半数が帯状疱疹を経験していると報告されており、80歳までに3人に1人が帯状疱疹を経験すると言われています。

●帯状疱疹後神経痛

帯状疱疹後神経痛は帯状疱疹の代表的な合併症で、帯状疱疹が治癒した後に残る神経障害性疼痛です。
赤い班点や水ぶくれの消失後3か月以上疼痛が持続する場合を指し、痛みは数か月から数年にわたります。痛みの症状や程度は個人差がありますが、「焼けるような」「締め付けるような」持続性の痛みや、ズキンズキンとした痛みを訴えることが多く、睡眠や日常生活を障害するほど重篤な場合もあります。
発症頻度は年齢や症例によって異なりますが、帯状疱疹にかかった場合10~50%で帯状疱疹後神経痛が生じると報告されています。

 

■帯状疱疹ってうつる?

帯状疱疹は水ぼうそうと同じ水痘帯状疱疹ウイルスです。このウイルスに初めて感染した際には水ぼうそうを発症します。水ぼうそうは、水ぼうそう未感染の人にうつります。
帯状疱疹はうつりませんが、帯状疱疹の人から水ぼうそう未感染の人にはうつって、水ぼうそうを発症します。

 

治療方法は?

基本的に抗ウイルス薬と対症療法として鎮痛薬、皮膚症状に対してぬり薬が処方されます。
帯状疱疹後神経痛などの合併症でQOL(生活の質)が下がることを考えると早期に治療することが求められます。

 

予防法は

第一には日々の生活で運動や、食事、十分な睡眠から免疫力を下げない、ストレスを貯めないことです。それでも年齢が高くなるに従って、特に50歳を超えると発症率が急激に上がって来ます。
そのため50歳以上の方を対象にワクチンの接種が推奨されています。

 

■ワクチンの種類は

現在帯状疱疹の予防ワクチンは2種類あります。どちらも保険適用外のため、自費接種となります。
1つは子供の時に接種した水ぼうそうのワクチンと同じもので、「乾燥弱毒性水痘ワクチン」と言われる生ワクチンです。
発症予防が50%、帯状疱疹後神経痛を30%軽減、1回接種で5年程度の持続期間があり、金額は8,000円程度です。

もう1つは、「シングリックス」という不活化ワクチンで、こちらは50歳以上のみが対象となっています。
発症予防は97%、帯状疱疹後神経痛を88%軽減します。こちらは2回接種で持続期間は8年以上となっています。
金額は1回24,000円程度で2回接種の為、約50,000円となります。

不活化ワクチンのメリットは大きいですが、2回接種することもあり、かなり高額になってしまいます。

帯状疱疹ワクチン比較

●ワクチン接種の助成がある?

現在、帯状疱疹ワクチン接種についての助成金を設定している自治体が少なからずあります。ご自身のお住まいの自治体が助成をしているかどうか調べてみることをおすすめします。ワクチンの種類や助成金額については自治体ごとに異なります。

 

まとめ

帯状疱疹は誰でもなる可能性のある病気です。当社でも帯状疱疹にかかったことがあるか聞いてみると年齢関係なく経験がある方が意外と多いなと感じました。もし、帯状疱疹かも?と少しでも思ったら早めに受診しましょう。

出典:出典:厚生労働省 帯状疱疹ワクチン ファクトシート
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000184909.pdf

 


 

■ 執筆 ■
竹内 敦子
たけうち あつこ

株式会社Central Medience
薬事センター管理薬剤師

昭和55年に薬剤師免許を取得。
その後、医学部臨床病理学で生化学研究室勤務。
後、消化器内科学にて肝炎ウイルスの遺伝子解析、がん腫瘍マーカーなどの研究に携わる。
現在は、株式会社Central Medienceの薬事センターにて
専属薬剤師として活躍している。

 

 産業医ラボ.comでは、
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

  

産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 【今日は何の日!?シリーズ】12月1日は「世界エイズデー」 シン…
  2. 毎年2月4日は『世界対がんデー』です!~がんと共に働く~
  3. 春は「うつ病」になりやすい!?当社専属の精神保健福祉士が解説 悪くなる前に知りたい、うつ病の初期症状 春は「うつ病」になりやすい!?当社専属の精神保健福祉士が解説 悪…
  4. 【韓国通信 第6回】隣国は今 新型コロナウイルスの新規感染者が再…
  5. 11月は「テレワーク月間」 あなたの会社は「テレワーク勤務」が定着していますか?当社のアンケート結果や分かりづらいルールについて専属保健師が紹介します。 11月は「テレワーク月間」あなたの会社は「テレワーク勤務」が定着…
  6. 今までより休職時に利用しやすくなる!?令和4年1月に改正される「…
  7. ストレスが限界に達したときに出る“メンタルヘルス不調”の症状とは…
  8. 季節の変わり目で咳や鼻水が出たり、体がだるくなるなんてことありま…

Facebook

最新の記事

  1. 今冬は新型コロナウイルスとインフルエンザが同時流行!?急な発熱時、どうしたらいい?判定チャートで紹介します
  2. 【大澤先生の一問一答】
  3. 今月は寝不足のピーク!?  睡眠改善インストラクターが伝授、W杯観戦でもスッキリ朝を迎える方法とは? 

おすすめ記事

  1. 【大澤先生の一問一答】
PAGE TOP