COLUMN

【韓国通信 第7回】隣国は今 韓国で新型コロナウイルスの飲む治療薬「パクスロビド」の使用を本日1月14日から開始!

【韓国通信 第7回】隣国は今 韓国で新型コロナウイルスの飲む治療薬「パクスロビド」の使用を本日1月14日から開始!

 

当社韓国オフィスのLYOUによる、韓国の新型コロナワクチン関連のニュースや現状などや日本との違いなどを「韓国通信」と題して定期的にお伝えしています。第7回目の今回は、「韓国で経口治療薬の使用開始」についてご紹介いたします!

 


 

まだまだ感染者数が増加している韓国ですが、この数日関心が高いのが、飲む治療薬使用開始のニュースです。重症化を防ぐ希望の治療薬となるのか…期待が高まります。

飲む治療薬「パクスロビド」とは

韓国では新型コロナウイルス感染者向けの経口治療薬「パクスロビド」が、本日1月14日(金)から使用開始されます。パクスロビドは、日本ではまだ認可されていませんが、ファイザー社製の飲む治療薬としてアメリカでも昨年末に特例で使用許可が出ています。重症化リスクが高い人に対して発症からすぐに使用し、3錠を1日2回、5日間服用するとのことです。

 

■韓国ではどのような感染者に使われる?

韓国中央防疫対策本部は、ファイザー社製の飲む新型コロナウイルス治療剤「パクスロビド」を1月14日から患者に投与できると明らかにしました。パクスロビドは1月13日の午後、韓国に2万1千人分が到着し、その後1月14日から1月15日までに全国治療剤担当薬局280ヶ所、生活治療センター89ヶ所に供給されます。

投薬対象は「症状発現後5日以内に重症に進行するリスクが高い軽症~中等症患者(無症状を除く)、65歳以上、自己免疫疾患者やHIV感染者、免疫抑制投薬患者など免疫低下者のうち在宅治療を受けた方や、生活治療センターに入所した患者」です。

医療スタッフは、医薬品安全使用サービスシステムで患者の処方履歴などを確認し、投薬の可否を決定しなければなりません。イム・スクヨン防台本状況総括団長は「患者は服用中の医薬品とアレルギー、肝疾患、腎臓疾患、妊娠可否などを担当医療者に知らせて服用時の留意事項を遵守してほしい」と呼びかけました。パクスロビドは錠剤を噛んだり壊したりせずに丸ごと飲み込み、食事の有無にかかわらず服用する必要があります。症状が好転しても医療専門家と相談せずに服用を中断してはならないなど注意が必要です。

 

 


 

■ 執筆 ■
産業医ラボ.com 韓国オフィス特派員LYOU

 

産業医ラボ.comでは、保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

 
メンタルヘルス・お薬相談ROOMはこちら↑

産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 今年は秋以降に感染が急増 季節外れの流行、手足口病とヘルパンギー…
  2. 【今日は何の日!?シリーズ】 10月10日は『世界メンタルヘルス…
  3. 食中毒は夏だけじゃない?当社専属保健師が解説 簡単!「食中毒予防…
  4. 11月は「過労死等防止啓発月間」です あなたの働き方は大丈夫?時…
  5. 職場環境改善計画助成金(A/Bコース)が廃止となり、新しく事業場…
  6. 風しんのクーポン券届いた男性必見!抗体検査・予防接種を受診して“…
  7. 【韓国通信 第5回】隣国は今 withコロナに向け、最後のソーシ…
  8. 10・ストレスチェック制度の助成金について

Facebook

最新の記事

  1. イライラするのは原因があった!?イライラしやすい人とイライラしにくい人の違いとは?当社専属の精神保健福祉士がご紹介します!
  2. セルフタッチでオキシトシンを増やし、ストレスの緩和や免疫力アップにつなげよう! 当社専属精神保健福祉士が紹介します
  3. かかりつけ医って必要?自分に合った「かかりつけ医」を見つけて健康管理をしよう!

おすすめ記事

  1. 中小企業も義務化へ!2022年4月から開始 パワハラ相談窓口の設置義務化に向けて企業がすべきこととは?当社専属の精神保健福祉士が解説
PAGE TOP