COLUMN

欧米での感染が拡大する「サル痘」とは?症状や治療薬について紹介します。

欧米での感染が拡大する「サル痘」とは?症状や治療薬について紹介します。

欧米での感染が拡大する「サル痘」とは?症状や治療薬について紹介します。

 

最近「サル痘」が世界で流行しているとのニュースを耳にした方も多いのではないでしょうか?サル痘とはいったいどんな病気、症状なのか、治療薬は?など解説します!

 

■サル痘とは?

1970年にザイール(現在のコンゴ民主共和国)でヒトでの感染が初めて確認された、オルソポックスウイルス属のサル痘ウイルスによる急性発疹性疾患です。

2022年5月以降、これまで主にアフリカ大陸で発生が報告されていたサル痘が欧米を中心に感染事例が報告されています。WHO(世界保健機関)の6月27日の発表では、サル痘の確定例報告は50か国、計3413例となっています。
日本では感染症法の4類感染症に指定されていますが、2022年6月現在サル痘の発生報告はなく、大規模に市中に拡大する可能性は低いといわれており、日常生活における感染リスクも低いとされています。

出典:厚生労働省 サル痘について
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000957749.pdf

 

症状や潜伏期間は

潜伏期間は約5~21日です。
潜伏期間の後、発熱、頭痛、リンパ節腫脹、筋肉痛などが1~5日続き、その後発疹が出現し、発症から2~4週間で治癒しますが、小児や妊婦、免疫不全者では重症となる場合があります。

出典:厚生労働省 サル痘に関する情報提供及び協力依頼について
https://www.mhlw.go.jp/content/000952889.pdf

重症例では天然痘と区別できず、従来のサル痘流行国であるアフリカでの致命率は数%~10%程度で、欧米等これまで発生がなかった国での死亡例の報告は2022年6月現在ありません。

 

どのように感染する?

ウイルスによって感染する病気で、リスなどの齧歯類が自然宿主として考えられています。ヒトからヒトへの感染は稀ですが、感染した人や動物の皮膚・体液・血液との接触(性的接触を含む)、患者との接近した対面での飛沫への長時間の曝露、患者が使用した寝具等との接触等により感染します。

 

治療薬はあるのか

治療は症状を抑える対症療法が基本で、国内において承認されている特異的な治療薬はありませんが、欧州においては「テコビリマット」が承認されています。
予防法としては天然痘ワクチンが挙げられ、約85%の発症予防効果があるとされています。

 

サル痘を疑う症状があった場合は?

サル痘を疑う症状があった場合は、

①サル痘を疑う症状が見られた場合、まずは最寄りの医療機関に相談してください。
②医療機関を受診する際には、マスクの着用や発疹部位をガーゼなどでおおう等の対策をした上で受診してください。

日本にはまだ入ってきていないサル痘ですが、いつ日本に入ってくるかは分かりません。そうなった時のために、どのような症状なのか?などを知っておくことは大切です。

 

参考資料
出典:国立感染症研究所 サル痘とは
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/408-monkeypox-intro.html

出典:厚生労働省 サル痘について
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou19/monkeypox_00001.html
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000957749.pdf

出典:厚生労働省 サル痘とは
https://www.mhlw.go.jp/content/000957516.pdf

 

 産業医ラボ.comでは、
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

  
メンタルヘルス・お薬相談ROOMはこちら↑

関連記事

  1. 新型コロナウイルスのワクチン、本当に安全なのか?
  2. 漠然とした不安やホルモンバランスの崩れによるイライラなどの感情は、好きな香りを嗅いでリセットしよう!当社専属の精神保健福祉士が紹介します! 漠然とした不安やホルモンバランスの崩れによるイライラなどの感情は…
  3. 毎年2月4日は『世界対がんデー』です!~がんと共に働く~
  4. 食欲がない、疲れが取れない、楽しめない。その症状、もしかして【う…
  5. いよいよ外来診療でも投与開始 抗体カクテル療法は、新型コロナウイ…
  6. コロナ禍で在宅時間が増え、飲酒量が増えていませんか?当社専属保健…
  7. 女性や重症度患者の約2割が半年後も悩んでいる?新型コロナウイルス…
  8. 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)接種とは?接種回数、間隔や副…

Facebook

最新の記事

  1. 【2023年春 最新版】新型コロナワクチン接種、次はいつ接種したらいい?対象者判定チャートで紹介
  2. 2023年4月より子宮頸がん「9価HPVワクチン」も選択肢に 現在のワクチンとの比較と選び方は? キャッチアップ接種について当社専属保健師が紹介

おすすめ記事

  1.  毎月22日は禁煙の日 加熱式たばこは害がない?当社専属保健師が〝紙たばこと加熱式たばこの違い〟を解説
  2. 【大澤先生の一問一答】
  3. 10月10日は「世界メンタルヘルスデー」です。 5人に1人がこころの病気にかかる時代 産業医や保健師の他にも、相談窓口の活用を! 当社専属の保健師が解説します。
PAGE TOP