COLUMN

毎月22日は禁煙の日 加熱式たばこは害がない?当社専属保健師が〝紙たばこと加熱式たばこの違い〟を解説

 毎月22日は禁煙の日 加熱式たばこは害がない?当社専属保健師が〝紙たばこと加熱式たばこの違い〟を解説

毎月22日は禁煙の日 加熱式たばこは害がない?当社専属保健師が〝紙たばこと加熱式たばこの違い〟を解説

 

毎月22日は、禁煙の日です。5月の世界禁煙デーまで毎月22日に「禁煙」に関するコラムを更新していきたいと思います。今月は、「たばこの種類」について当社専属保健師がご紹介します。

 


 

■たばこの種類と健康影響とは

近年、紙タバコから加熱式タバコに変えました。と、まるで禁煙したかの如くお話しいただくことが多いのですが、本当に加熱式タバコは安全なのでしょうか?たばこには様々な種類があります。

タバコの種類

どれもタバコ葉が材料なので、ニコチンは含まれます。
吸い込む深さ等から、がんの出来やすい部位は異なります。

厚生労働省:禁煙支援マニュアル(第二版)
https://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/kin-en-sien/manual2/dl/addition01.pdf

厚生労働省:禁煙 参考資料
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000204548.pdf

 

■紙タバコと、加熱式タバコはニコチンや発がん性物質は、どの位の違いがある?

厚生労働省:禁煙支援マニュアル(第二版)
https://www.mhlw.go.jp/topics/tobacco/kin-en-sien/manual2/dl/addition01.pdf

厚生労働省:加熱式たばこにおける科学的知見
https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000201435.pdf

加熱式タバコと紙タバコはニコチン関して差が無いものもありますが、発がん性物質については多くても四分の一程度になっています。ただ、発がん性物質がゼロではないので紙タバコでないから良いではなく、禁煙の努力なさることをお勧めします。

また、紙タバコの副流煙の害は明確になっていますが、加熱式タバコについては、現在も周りに対する影響を研究されています。今だ、長期使用に伴う健康影響は明らかになっていません。健康被害が明らかになってからでは遅いので、今から加熱式タバコ喫煙者も禁煙を実行しましょう!

参考資料:
https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000066481.pdf


 

■ 執筆 ■
小岩 統子

こいわ とうこ
株式会社Central Medience
産業医ラボ.com専属保健師

臨床にてICU・内科・訪問看護を5年ほど経験したのち、
健康保険組合・企業などにて13年間産業保健師として活躍。
現在は、当運営会社 株式会社セントラルメディエンスに入社し、
産業医ラボ.comの専属保健師として活躍している。

 産業医ラボ.comでは、
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

  
メンタルヘルス・お薬相談ROOMはこちら↑

産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. ストレスが限界に達したときに出る“メンタルヘルス不調”の症状とは…
  2. 【今日は何の日!?シリーズ】12月1日は「世界エイズデー」 シン…
  3. 相手の感情やエネルギーを感じやすい体質であるエンパスとは?~その…
  4. 10・ストレスチェック制度の助成金について
  5. 「食欲の秋」にはきちんとした理由があった!?~脳内物質との関係~…
  6. マインドフルネス呼吸法でストレスケア~やり方と脳への効果~
  7. 新型コロナウイルスのワクチン、本当に安全なのか?
  8. 非言語コミュニケーションが重要!?リモートワークやマスク生活など「コロナ禍のコミュニケーション術」とは?当社専属の精神保健福祉士が解説します! 非言語コミュニケーションが重要!?リモートワークやマスク生活など…

Facebook

最新の記事

  1. スポーツの秋!過ごしやすい季節にこそウォーキング〜リモートワーク定着による運動不足解消で、健康経営の第一歩を〜
  2. 台風シーズン到来 気候や気圧の変化で頭痛や不調が起きる「気象病」とは?症状の軽減方法など、当社専属の精神保健福祉士が紹介します!
  3. 【大澤先生の一問一答】

おすすめ記事

PAGE TOP