COLUMN

今からでも間に合う!「お正月太り」をリセットする3つのポイントをご紹介します。

今からでも間に合う!

「お正月太り」をリセットする

3つのポイントをご紹介します。

 

年末年始の休暇が終わり、仕事や学校が始まった方も多いのではないでしょうか?お正月にゴロゴロしながら食べたり飲んだり…で体重が増えてしまった!という方向けに、お正月太りの原因と対処法をご紹介します。今からでも少し気を付けてお正月太りを解消しましょう!

 


 

■お正月太りの原因は?

お正月はなぜ体重が増えやすいのでしょうか?以下の理由が考えられます。

① 規則正しい食生活できていない

年末年始は、普段より豪華な食事やアルコールなどを飲食する機会が増えます。また、朝昼晩と決まった時間に食事をとれていないことも多いです。ダラダラと時間を気にせず食べたり飲んだりする時間が増えてしまう傾向があります。

② 消費カロリーの低下

お正月休みの方が多く、通勤通学しないことにより普段より消費カロリーが低下します。摂取カロリーも通常より増えているため、消費カロリーに対して摂取カロリーが上回ってしまいます。

 

■お正月太りをリセットするためには?

今年のお正月に太ってしまった!という方は、早めにリセットすることが大事です。食事や運動などで気を付けるポイントを3つ紹介します。

① 1日1回体重測定を行ない記録しよう

体重管理は体重を気にすることからはじまります。毎日同じ時間に体重測定をして、手帳につけることだけでも体重のコントロールは良好となります。同じ時間というのがポイントで、朝起きた時などがおすすめです。体重計によってはスマホのアプリを連携すると、測定するだけでアプリに記録されるなど手軽なものもありますので是非取り入れてみてください。
また自分の体形を気にするという意味からも全身を映す鏡があれば、毎日裸で自分の身体を映して体形をチェックしましょう。

② 適度な運動を心がけよう

毎日続けることのできる簡単な運動を考えましょう。例えば家事をしながらできるストレッチや通勤時の大股早足ウォーキングなど、日常生活に取りいれても支障のでない程度で毎日継続できる運動を実践しましょう。

③ 規則正しい食生活を心がけよう

多くの食材を使うことを心がけて、脂っこいものを控えましょう。外食をする場合はできるだけ定食のように品目の多いものを。
特定の食品を抜いたり、極端に食事量を減らすのではなく、主食・主菜・副菜のそろった食事を基本にバランスを整え、調理法や菓子・アルコールなどのとり方を見直してみましょう。

出典:厚生労働省 e-ヘルスネット 肥満と健康
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-02-001.html

 出典:厚生労働省 e-ヘルスネット 健康的なダイエット:適切な体重管理で、健康づくりをしよう!
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/food/e-02-009.html

出典:厚生労働省 e-ヘルスネット 体重コントロール
https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/tobacco/t-06-008.html

 

■まとめ

消費するエネルギーよりも、食事で摂取するエネルギーを少なくすることで体重は減ります。規則正しい生活を送り、食事内容に気を付けたり、ウォーキングやランニングなど適度な運動を取り入れましょう。
体重が増えたな、と気づいたらすぐに対処することで、元の体重に戻しやすくなりますので少しだけ頑張ってみましょう!

 


 

 産業医ラボ.comでは、
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

  

産業医ラボ.com

 

関連記事

  1. 新型コロナワクチン接種で話題の筋肉注射って?筋肉注射と皮下注射は…
  2. あなたの企業は大丈夫ですか?名義貸し産業医は違法です!
  3. 7月6日(金)「パワーハラスメントを理解しよう~被害者・加害者に…
  4. 今までより休職時に利用しやすくなる!?令和4年1月に改正される「…
  5. イライラするのは原因があった!?イライラしやすい人とイライラしにくい人の違いとは?当社専属の精神保健福祉士がご紹介します! イライラするのは原因があった!?イライラしやすい人とイライラしに…
  6. まもなくシーズン到来!インフルエンザワクチンと新型コロナワクチンの同時接種が可能って本当?当社専属の保健師が解説します! まもなくシーズン到来!インフルエンザワクチンと新型コロナワクチン…
  7. コロナ禍でも医療機関で必要な受診を!健康診断やオンライン診療について当社専属保健師が解説します コロナ禍でも医療機関で必要な受診を!健康診断やオンライン診療につ…
  8. 食中毒に気を付けよう!

Facebook

最新の記事

  1. 2月は「全国生活習慣病予防月間」 毎日10分!おうち時間で簡単にできる、生活習慣病を予防するための「6つのススメ」とは?
  2. アドバイスを受けるのが目的ではない!?「カウンセリングを受ける意味とは」産業医ラボ.com専属精神保健福祉士が解説
  3. 【大澤先生の一問一答】

おすすめ記事

  1. 【大澤先生の一問一答】
PAGE TOP