COLUMN

来月7月1日から7年ぶりの節電要請が!オフィスでできる省エネ、節電対策とは?

来月7月1日から7年ぶりの節電要請が!オフィスでできる省エネ、節電対策とは?

来月7月1日から7年ぶりの節電要請が!

オフィスでできる省エネ、節電対策とは?

 

関東地方では史上最短での梅雨明けが発表され、連日30℃以上の真夏日が続いています。また、6月としては初めて40℃を観測した地域があるなど例年よりも暑い夏が予想されています。
政府は来月7月1日から、2015年以来7年ぶりとなる節電要請を行います。
今回のコラムではオフィスでの節電方法や、どの程度の効果が見込めるか?電力がひっ迫している時間帯、などをご紹介いたします。

 

■節電要請期間は?

2022年7⽉1⽇(⾦)~2022年9⽉30⽇(⾦)まで(数値目標は設けない)

 

■オフィスでの電力使用の特徴や内訳は?

オフィスにおいては、一般的に9時から19時頃に消費電力が高い傾向があります。

オフィスでの電力使用の特徴

オフィスの消費電力のうち、空調が約49%、照明が約23%を占めます。
これらを合わせると7割以上を占めるため、空調や照明での節電対策は特に有効です。

オフィスの消費電力割合

 

効果的な節電対策とは

照明を半分程度間引きすると約13%、使用していないエリアの消灯でも約3%の節電となります。

出典:経済産業省 夏季の省エネ・ 節電メニュー 事業者の皆様
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/shoene_setsuden/pdf/setsudenmenu_jigyosha02.pdf

 

上記の事例以外にも、お昼休み時や終業後の決められた時間に一斉にオフィスを消灯するなど、できるだけ残業時間を減らせるよう各自が集中して業務に取り組むなど様々な方法で少しずつ節電対策に取り組めば、かなりの節電が見込めます。
九州電力では、「オフィスでの節電チェックリスト」が掲載されており、運用改善による節電のポイントを設備別にまとめていますので活用してみるのはいかがでしょうか?

オフィスでの節電チェックリスト

出典:九州電力:オフィスでの節電チェックリスト

 

室内でも熱中症に!?

屋内でも熱中症にかかる場合があります。適切な室温管理や水分補給をこまめに行うなどし、熱中症には十分にご注意ください。
産業医ラボ.comでは、室内での熱中症の危険についてのコラムがありますので、ぜひご覧ください。

熱中症に気をつけよう!~外だけじゃなく、室内にいても熱中症になる!~

特に、ご高齢の方や体調に不安のある方、病院や介護施設などにおいては、室内での熱中症にも注意し、オフィスでもご家庭でも無理のない範囲での省エネ・節電に協力していきましょう。

 

 産業医ラボ.comでは、
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

  
メンタルヘルス・お薬相談ROOMはこちら↑

関連記事

  1. 10月10日は『世界メンタルヘルスデー(世界精神保健デー)』です…
  2. 8月は「ワクチン推進強化月間」です!10~30代の3回目のワクチン接種者が5割以下?なぜ3回目接種を推奨しているのか解説します。 8月は「ワクチン推進強化月間」です!10~30代の3回目の新型コ…
  3. 自律神経のバランスを整えよう
  4. マスク着用によるリスクとその対処法について
  5. アドレナリンとストレスの関係~効果とデメリット~
  6. 6・ストレスチェック制度の実施手順
  7. 「心のバリアフリー」を知っていますか?
  8. 肺の生活習慣病を知っていますか?~受動喫煙対策法成立にあたって~…

Facebook

最新の記事

  1. コンビニで新型コロナワクチン接種証明書が発行できるって本当?3分で発行できるか実際にやってみた!
  2. 8月10日は「健康ハートの日」 健康ハート10か条を守って健康について意識してみましょう!
  3. 【大澤先生の一問一答】

おすすめ記事

PAGE TOP