COLUMN

本日12月1日から7年ぶりに「冬の節電要請」開始 オフィスでできる冬季の省エネ、節電対策を紹介します!

本日12月1日から7年ぶりに「冬の節電要請」開始 オフィスでできる冬季の省エネ、節電対策を紹介します!

本日12月1日から7年ぶりに「冬の節電要請」開始

オフィスでできる冬季の省エネ、節電対策を紹介します!

 

本日12月1日から2015年以来7年ぶりに家庭や企業を対象とした冬季の節電要請が開始されました。
今冬の電力需給は、全国で瞬間的な需要変動に対応するために必要とされる予備率3%以上を確保しているものの、厳しい見通しです。
今回のコラムでは冬のオフィスでの節電方法や、どの程度の効果が見込めるか?電力がひっ迫している時間帯、などをご紹介いたします。

 


 

節電要請期間は?

2022年12月1日(木)~2023年3月31日(金)まで (数値目標は設けない)

 

■オフィスでの電力使用の特徴や内訳は?

オフィスにおいては、一般的に9時~18時頃に高い電力消費が続く傾向があります。

夏季との電力需要の違いは、夕方以降の電力需要も多いことです。夜間、早朝などは日中よりも気温が下がるため、暖房を使う時間が多くなります。


オフィスの消費電力のうち空調が約34%、照明が約30%を占めます。
これらを合わせると約63%を占めるため、これらの分野における節電対策は特に有効です。

出典:出典:経済産業省 冬季の省エネ・節電メニュー 事業者の皆様 本州・四国・九州
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/shoene_setsuden/pdf/2022_winter/setsudenmenu_jigyosha02.pdf

 

冬の効果的な節電対策とは

照明を半分程度間引きすると7.7%、使用していないエリアの消灯でも約3%の節電となります。

また、空調の温度を2度下げた場合、3.4%の節電になります。ウォームビズを実施している企業も増えてきましたが、ブランケットの使用や羽織るものを用意する、温かい飲み物を飲むなども寒さ対策としておすすめです。上記の事例以外にも、お昼休み時や終業後の決められた時間に一斉にオフィスを消灯するなど、できるだけ残業時間を減らせるよう各自が集中して業務に取り組むなど様々な方法で少しずつ節電対策に取り組めば、かなりの節電が見込めます。

 

■無理のない範囲で協力しましょう

ご高齢の方や体調に不安のある方、病院や介護施設などにおいては、気温の低い屋外から暖かい屋内への移動で起こる可能性があるヒートショックにも注意し、オフィスでもご家庭でも無理のない範囲での省エネ・節電に協力していきましょう。

 

 産業医ラボ.comでは、
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

  

産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 本日5月25日より接種開始!新型コロナワクチン4回目接種の対象者とは?副反応についても紹介します。 本日5月25日より接種開始!新型コロナワクチン4回目接種の対象者…
  2. テレワークで急増!日本人は世界で一番座っているって本当?長時間座…
  3. うつ病となにが違う?「躁」と「うつ」の状態を繰り返す【双極性障害…
  4. 9月1日は「防災の日」です。職場での防災対策、万全ですか?チェックシートで確認してみよう! 9月1日は「防災の日」です。職場での防災対策、万全ですか?チェッ…
  5. カウンセリングとは? 産業医と患者との共同作業
  6. 3月18日は「春の睡眠の日」 寝つきが悪い、眠りが浅い…は、メンタル不調のサインかも?睡眠の質を上げるコツを当社専属の精神保健福祉士が紹介します 3月19日は「世界睡眠デー」寝つきが悪い、眠りが浅い…は、メンタ…
  7. 4人に1人が経験!「五月病」もメンタル不調のひとつ?一人で抱え込まずに誰かに相談しよう 4人に1人が経験!「五月病」もメンタル不調のひとつ?一人で抱え込…
  8. 幸せだったはずなのに…ストレスの原因となりうる人生のあれこれ

Facebook

最新の記事

  1. 2月は「全国生活習慣病予防月間」 毎日10分!おうち時間で簡単にできる、生活習慣病を予防するための「6つのススメ」とは?
  2. アドバイスを受けるのが目的ではない!?「カウンセリングを受ける意味とは」産業医ラボ.com専属精神保健福祉士が解説
  3. 【大澤先生の一問一答】

おすすめ記事

  1. 【大澤先生の一問一答】
PAGE TOP