COLUMN

かかりつけ医って必要?自分に合った「かかりつけ医」を見つけて健康管理をしよう!

かかりつけ医って必要?自分に合った「かかりつけ医」を見つけて健康管理をしよう!

かかりつけ医って必要?自分に合った「かかりつけ医」を見つけて健康管理をしよう!

 

みなさん、かかりつけ医は決めていますか?特に決めていない方も意外といらっしゃるかと思います。今回のコラムでは、かかりつけ医とは?決めておくとどんなメリットがあるかなどをご紹介いたします。

 

■「かかりつけ医」とは?

①健康に関することを何でも相談できる

②必要な時は専門の医師・医療機関を紹介してくれる

③身近で頼りになる医師

出典:厚生労働省 上手な医療のかかり方.jp
https://kakarikata.mhlw.go.jp/kakaritsuke/motou.html

気軽に自分の体のことを相談できる医師が身近にいれば安心ですね。ただ、どうやって探せばいいかわからない人も多いと思います。厚生労働省では「かかりつけ医は自分で選ぶことができ、一人に限らなくてもいい」としています。

 

「かかりつけ医」をもつメリットとは?

かかりつけ医をもつことで次のようなメリットがあります。

①日頃の健康状態を知ってもらえる

②症状に応じた専門家の紹介がスムーズ

③病気の予防や早期発見・早期治療にもつながる

出典:厚生労働省 上手な医療のかかり方.jp
https://kakarikata.mhlw.go.jp/kakaritsuke/motou.html

かかりつけ医であれば、体調の変化にも気づきやすく、症状によっては別の病院を紹介してくれます。また、厚生労働省だけでなく各自治体でもかかりつけ医を推奨しているところも多いようです。
それだけ、かかりつけ医の存在は重視されているのです。

 

地元だけじゃない?ネットでかかりつけ医を探すという選択肢も

産業医ラボ.comを運営する当社の代表の中川隆太郎は、「日本のかかりつけ医は、ITを使用しながら診療する人も多いし専門医とも連携できるので、ぜひいい医者を選んでほしい」と話します。
かかりつけ医を選ぶポイントとして、どの診療科でもいいから信頼のできる先生を選ぶことを前提に、下記のポイントを挙げています。

①地元でかかりつけ医を見つける

②地元に適当な医師がいなければ、オンライン診療を取り入れている東京などの医師を選ぶ選択肢もある

③お勤めしている企業に産業医がいれば、相談するなど積極的に利用すべき

日本が医療に関して優れているのは、スーパーローテート制度を導入している点で、大学を卒業した研修医は医師になって2年間は各科を回る制度があるため、さまざまな科の基本的なことをわかっているということです。そして、将来を見据えて「英国のGP制度(General Practitioner、日本で言うところの総合診療医)を導入すべき」と述べています。
GPは内科を専門としているので、かかりつけ医としてなじみやすいのではないでしょうか。

私もここ数年、毎月のように通っている病院があり、そこがかかりつけ医的存在です。
ひとりで困った時も気軽に電話でも相談できるようになり、心の安心感につながっています。

 

 産業医ラボ.comでは、
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

  
メンタルヘルス・お薬相談ROOMはこちら↑

関連記事

  1. コロナ禍の今だからこそ自分自身を大切に!メンタルヘルス不調になら…
  2. 食中毒は夏だけじゃない?当社専属保健師が解説 簡単!「食中毒予防…
  3. いよいよ外来診療でも投与開始 抗体カクテル療法は、新型コロナウイ…
  4. 環境が変わるとなりやすい?誰にでも起こりうる【適応障害】ってどん…
  5. コロナうつ!?新型コロナウイルスによるコロナ疲れはメンタルヘルス…
  6. 労働者数が50人未満の事業場において、産業医を選任し、実際に産業…
  7. 【簡単!1人でできるメンタルケア】コロナストレスや新生活への不安…
  8. 活用していますか? お勤めの職場のカウンセリング窓口

Facebook

最新の記事

  1. 台風シーズン到来 気候や気圧の変化で頭痛や不調が起きる「気象病」とは?症状の軽減方法など、当社専属の精神保健福祉士が紹介します!
  2. 【大澤先生の一問一答】
  3. オミクロン株対応の新型コロナワクチンが来週より順次予約、接種開始へ 接種対象者や副反応について紹介します!

おすすめ記事

  1. 【大澤先生の一問一答】
  2. 【韓国通信 第8回】隣国は今 韓国でもオミクロン株拡散中?2月も感染者急増予想、新型コロナウイルスの現状とは
PAGE TOP