COLUMN

定期健診結果報告書やストレスチェック報告書への産業医の押印が不要になりました!

2020年8月より労働安全衛生法やじん肺法規則などの一部を改正し、「定期健康診断結果報告書」や「ストレスチェック報告書」への産業医による押印などが不要になりました。改正の背景には、健康診断にかかる情報などの活用を促進するために電子化推進が求められているにも関わらず、医師などによる電子署名の取得が企業負担であるために電子化が進まないなどの実情がありました。

改正の内容

  • 健康診断個人票等について、医師等の押印を不要とする。
  • 定期健康診断結果報告書等について、産業医の押印を不要とする。

改正に伴い、労働基準監督署に提出する「健康診断個人票」「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書(ストレスチェック報告書)」「定期健康診断結果報告書」などの様式から産業医などの押印欄が削除されます。

移行措置として、旧式の様式も当面の間使用・受理が可能です。

また、改正以前に健康診断などを実施し、改正以降に報告書などを提出する場合にも改正内容が適用され、産業医などの押印は不要となります。

さらに改正後は産業医などの氏名記入欄は企業担当者側で記載しても良いとされました。

医師から健康診断個人票に関して意見やアドバイスをオンラインで確認し、担当者による代筆も可能となります。

改正後の注意点

今回の法改正による変更点はあくまでも「産業医などの押印を不要にした」だけであり、健康診断やストレスチェックにかかる企業の義務や責任については変更がないことに注意が必要です。

従来必要とされていた押印・署名・電子署名は不要となりましたが、実施した産業医や担当した医師・歯科医師などの「氏名の記載」は継続して必要になります。

「担当者による記入」が可能になったとはいえ、詳細の情報や確認はおろそかにしないよう気を付けて作成にあたりましょう。

厚生労働省健康診断、ストレスチェックに関する健康診断の個人票及び定期健康診断結果報告書等について、医師、歯科医師、産業医の押印が不要となりました。(令和2年8月28日施行)

厚生労働省リーフレット(健康診断個人票や定期健康診断結果報告書等について、医師等の押印等が不要となります。)

厚生労働省じん肺法施行規則等の一部を改正する省令案概要


産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 相手の感情やエネルギーを感じやすい体質であるエンパスとは?~その…
  2. 11・ストレスチェックなどの健康経営に関する7つの補助金
  3. 人前で話すのが怖い、人前に出ると顔が赤くなってしまう 人前で過度…
  4. 高齢化社会の今、70歳までの就業確保が『努力義務』になりました!…
  5. ストレスへの対処法「3つのR」とは?当社専属の精神保健福祉士が解…
  6. 【喫煙者必読】健康保険を使って禁煙治療ができる! もったいない喫…
  7. 7月18日(水)「人間関係のトラブルを防ごう – コ…
  8. 「食欲の秋」にはきちんとした理由があった!?~脳内物質との関係~…

Facebook

最新の記事

  1. 台風シーズン到来 気候や気圧の変化で頭痛や不調が起きる「気象病」とは?症状の軽減方法など、当社専属の精神保健福祉士が紹介します!
  2. 【大澤先生の一問一答】
  3. オミクロン株対応の新型コロナワクチンが来週より順次予約、接種開始へ 接種対象者や副反応について紹介します!

おすすめ記事

  1. 【大澤先生の一問一答】
PAGE TOP