COLUMN

定期健診結果報告書やストレスチェック報告書への産業医の押印が不要になりました!

2020年8月より労働安全衛生法やじん肺法規則などの一部を改正し、「定期健康診断結果報告書」や「ストレスチェック報告書」への産業医による押印などが不要になりました。改正の背景には、健康診断にかかる情報などの活用を促進するために電子化推進が求められているにも関わらず、医師などによる電子署名の取得が企業負担であるために電子化が進まないなどの実情がありました。

改正の内容

  • 健康診断個人票等について、医師等の押印を不要とする。
  • 定期健康診断結果報告書等について、産業医の押印を不要とする。

改正に伴い、労働基準監督署に提出する「健康診断個人票」「心理的な負担の程度を把握するための検査結果等報告書(ストレスチェック報告書)」「定期健康診断結果報告書」などの様式から産業医などの押印欄が削除されます。

移行措置として、旧式の様式も当面の間使用・受理が可能です。

また、改正以前に健康診断などを実施し、改正以降に報告書などを提出する場合にも改正内容が適用され、産業医などの押印は不要となります。

さらに改正後は産業医などの氏名記入欄は企業担当者側で記載しても良いとされました。

医師から健康診断個人票に関して意見やアドバイスをオンラインで確認し、担当者による代筆も可能となります。

改正後の注意点

今回の法改正による変更点はあくまでも「産業医などの押印を不要にした」だけであり、健康診断やストレスチェックにかかる企業の義務や責任については変更がないことに注意が必要です。

従来必要とされていた押印・署名・電子署名は不要となりましたが、実施した産業医や担当した医師・歯科医師などの「氏名の記載」は継続して必要になります。

「担当者による記入」が可能になったとはいえ、詳細の情報や確認はおろそかにしないよう気を付けて作成にあたりましょう。

厚生労働省健康診断、ストレスチェックに関する健康診断の個人票及び定期健康診断結果報告書等について、医師、歯科医師、産業医の押印が不要となりました。(令和2年8月28日施行)

厚生労働省リーフレット(健康診断個人票や定期健康診断結果報告書等について、医師等の押印等が不要となります。)

厚生労働省じん肺法施行規則等の一部を改正する省令案概要


産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 職場におけるパワーハラスメントの防止策をいよいよ厚生労働省が義務…
  2. 休職したいけど、実際休職ってどうしたらいいの?休職の手続きから休…
  3. 冬が近づきやる気がおきない…それは決して怠け病でありません!ウイ…
  4. 本日から『働き方改革関連法』の施行により産業医・産業保健機能が強…
  5. 職場環境改善計画助成金(A/Bコース)が廃止となり、新しく事業場…
  6. 貴社の人手は足りていますか?人材不足がもたらす影響と健康経営とい…
  7. 10月10日は『世界メンタルヘルスデー(世界精神保健デー)』です…
  8. 今注目の「健康経営」という考え方

Facebook

最新の記事

おすすめ記事

PAGE TOP