COLUMN

労働者数が50人未満の事業場において、産業医を選任し、実際に産業医活動が行われた場合に実費を助成する制度があることをご存知ですか?~小規模事業場産業医活動助成金(産業医コース)について~

労働者数50人未満の事業場は産業医の選任義務はありませんが、もし産業医を選任し労働者の健康管理等を行う場合は「小規模事業場産業医活動助成金(産業医コース)」の助成を活用できるかもしれません。

助成金の概要

小規模事業場が産業医の要件を備えた医師と産業医活動の全部又は一部を実施する契約を締結し、産業医活動を実施した場合に実費の助成を受けることができる制度です。

助成金を受けるための要件

〈次の5つの要件を満たしていること〉

  1. 小規模事業場(常時50人未満の労働者を使用する事業場)であること。
  2. 労働保険の適用事業場であること。
  3. 平成29年度以降、産業医の要件を備えた医師と職場巡視、健診異常所見者に関する意見聴取、保健指導等、産業医活動の全部又は一部を実施する契約を新たに締結していること。
  4. 産業医が産業医活動の全部又は一部を実施していること。
  5. 産業医活動を行う者は、自社の使用者・労働者以外の者であること。

助成対象

小規模事業場が産業医の要件を備えた医師と産業医活動の全部又は一部を実施する契約を締結し、産業医活動を実施した場合の費用が助成されます。

助成金額

助成額(上限額)
1事業場につき、6か月当たり10万円を上限とし、将来にわたって2回を支給

参考:「独立行政法人 労働者健康安全機構」
https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/tabid/1256/Default.aspx

もし、助成金を活用した産業医の選任をお考えでしたらぜひ、弊社にお任せください。
全国の最適な「産業医」を選任し、面倒な申請書類の作成業務なども全て行わせていただきます。
何かご不明な点がございましたら、メールや電話にて弊社にご相談ください。

産業医ラボ.com


お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 職場の受動喫煙防止の対策、見逃していませんか?2020年から企業…
  2. 衛生委員会って具体的に何をするの?テーマはどうやって決めるの?衛…
  3. 冬が近づきやる気がおきない…それは決して怠け病でありません!ウイ…
  4. 職場におけるパワーハラスメントの防止策をいよいよ厚生労働省が義務…
  5. 職場における妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメントの防止措置…
  6. 令和元年から新たに加わった助成金制度“治療と仕事の両立支援助成金…
  7. 職場環境改善計画助成金(A/Bコース)が廃止となり、新しく事業場…
  8. 色んなことに敏感で人の気持ちに左右され、生きづらいと感じたことは…


ストレスチェックラボ.com|個人の方は無料で受検できます

 

産業医導入企業様一覧
資料請求はこちらから

Facebook

最新の記事

おすすめ記事

PAGE TOP