COLUMN

夏だけじゃない、冬も水分補給が大事!?脱水によるリスクや対策をご紹介します。

夏だけじゃない、

冬も水分補給が大事!?

脱水によるリスクや対策をご紹介します。

 

みなさんは、冬の時期も水分補給を意識的にしていますか?夏は熱中症になりやすいからと意識的に水分をとる方も多いですが、夏だけでなく冬も水分補給は重要なんです!今回のコラムでは、冬場に水分補給が足りないと、どんなリスクがあるのかをご紹介します。

 


 

■冬も水分補給が大事なのはなぜ?

からだの約60%は水分でできており、1日2.5Lの水が必要といわれています。体重60kgの成人男性の場合、食事など以外で1.2Lの水分補給が必要です。水分を5%を失うと脱水症状を起こすといわれているため、夏だけでなく冬でも脱水症状や病気になる危険性があり、意識的な水分補給は必要です。

出典:厚生労働省 健康のために水を飲もう講座
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000941096.pdf

 

■水分が足りないとどんなリスクがあるのか

脱水症状以外にも様々なリスクがあります。

体内の水分を
5%失うと …脱水症状・熱中症の症状が現れます
10%失うと…筋肉のけいれん、循環不全などが起こります
20%失うと…死に至ります

たった5%で脱水症状が起き、20%で死に至ってしまうのです。喉が渇いたと思った時には脱水のサインですので、すぐに水分補給をしましょう。
また、中高年で多発する脳梗塞・心筋梗塞なども水分摂取量の不足が大きなリスク要因のひとつとなっています。

出典:厚生労働省 「健康のため水を飲もう」推進運動
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/topics/bukyoku/kenkou/suido/nomou/index.html

 

■お酒は水分補給にはならない!

水分補給は水分なら何でもいい、という訳ではありません。お酒は水分補給にはならないので注意しましょう。お酒には利尿作用があり、飲んだ分以上に尿として排出されます。飲み会などでお酒をたくさん飲んでいると、普段よりトイレに行く回数が増えるのはそのためです。

 

こまめに水分をとる習慣づけをしよう

出かけるときにはマイボトルを持っていく、仕事中はデスク近くにカップを置くなど気づいたときに、こまめに水分補給ができる環境づくりをして、習慣づけしていきましょう。高齢者の場合は、喉の渇きを感じにくいため、定期的に声掛けしていくなどの工夫が必要です。
入浴中や睡眠中はたくさん汗をかき、水分が不足しがちですので、入浴前後や起床時は特に意識的に水分をとりましょう。

 


 

 産業医ラボ.comでは、
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

  

産業医ラボ.com

 

関連記事

  1. 【今日は何の日!?シリーズ】12月1日は「世界エイズデー」 シン…
  2. 『働き方改革関連法』の施行により、労働時間法制の見直し!時間外労…
  3. コロナうつ!?新型コロナウイルスによるコロナ疲れはメンタルヘルス…
  4. 最近CMでもよく見かける「帯状疱疹」とは?放っておくと重症化のリスクも 症状や予防ワクチンの効果について管理薬剤師が解説します! 最近CMでもよく見かける「帯状疱疹」とは?放っておくと重症化のリ…
  5. 3月から小児用新型コロナワクチン接種を開始!接種時までに知っておきたい安全性や注意事項を当社専属保健師が解説します 3月から小児用新型コロナワクチン接種を開始!接種時までに知ってお…
  6. アドレナリンとストレスの関係~効果とデメリット~
  7. 女性や重症度患者の約2割が半年後も悩んでいる?新型コロナウイルス…
  8. いよいよ流行の季節 インフルエンザと風邪の違いは、初期症状!予防…

Facebook

最新の記事

  1. 2月は「全国生活習慣病予防月間」 毎日10分!おうち時間で簡単にできる、生活習慣病を予防するための「6つのススメ」とは?
  2. アドバイスを受けるのが目的ではない!?「カウンセリングを受ける意味とは」産業医ラボ.com専属精神保健福祉士が解説
  3. 【大澤先生の一問一答】

おすすめ記事

PAGE TOP