COLUMN

台風シーズン到来 気候や気圧の変化で頭痛や不調が起きる「気象病」とは?症状の軽減方法など、当社専属の精神保健福祉士が紹介します!

台風シーズン到来 気候や気圧の変化で頭痛や不調が起きる「気象病」とは?症状の軽減方法など、当社専属の精神保健福祉士が紹介します!

台風シーズン到来 気候や気圧の変化で頭痛や不調が起きる「気象病」とは?

症状の軽減方法など、当社専属の精神保健福祉士が紹介します!

 

ここのところ大型の台風が立て続けに上陸していますが、頭痛や息苦しさ、めまいなどの症状が出ている方はいらっしゃいませんか?もしかしたらそれは「気象病」かもしれません。
今回のコラムでは気象病とは?なりやすい人や、症状の軽減方法についてご紹介します。

 


 

■気象病とは

気象病とは、天候の変化によって体に起こる不調の総称です。
主な症状は、頭痛・めまい・関節痛・神経痛・ぜんそく・肩こり・手足のむくみ・イライラ・うつなどがあります。

 

■気象病の原因は?

気象病の原因は、内耳という器官が関係していて、気圧の変化により内耳から脳に信号を送るセンサーがあるのですが、過剰な情報が伝わりすぎると体は適切な対応ができず様々な不調を引き起こしてしまうのです。
気圧が変化すると、人の体はストレスを感じます。しかしこれに抵抗しようと自律神経が乱れ、体を興奮させる働きのある交感神経が活性化することによって体調不良になってしまうのです。

 

■気象病になりやすい人とは

以下の中で当てはまる項目が多いほど、気象病にかかりやすい傾向にあります。

●乗り物酔いしやすい
●のぼせやすい
●寒暖差に弱い
●偏頭痛持ちである
●ストレスを感じやすい
●天候が悪いと気分が沈む
●新幹線や飛行機に乗ると耳が痛くなる
●前かがみな姿勢になりがち
●几帳面な性格である

 

 

■症状を軽減する方は?

●耳マッサージ

気象病がつらいという人は耳のマッサージをしてみましょう。

①耳を左右・上下にひっぱる
②耳を軽くひっぱりながら後ろに向かって5回ゆっくり回す
③耳を上下に折り曲げ、この状態を5秒キープする
④耳全体を手で覆い、後ろに向かって円を描くようにゆっくり5回、回す
⑤朝・昼・晩、毎日行うことで内耳の血流が良くなり、予防につながります

●賢い頭痛薬の選び方

頭痛が起きた時、頭痛薬を飲む方も多いと思いますが、様々な種類の頭痛薬があります。
頭痛薬に関して当社専属薬剤師が下記コラムにてご紹介しています。

春は頭痛が起きやすい?!気温・気圧の変化による「頭痛」対策 薬剤師が勧める賢い頭痛薬の選び方(OTC頭痛・鎮痛薬成分表 付き)

 

■まとめ

日常生活では、適度な運動、十分な睡眠、バランスのよい食事を心掛け、日ごろから自律神経のバランスを整える生活を送りましょう。日記やアプリを使って自分の気象病がいつ出るのかを記録しておくと、体調管理にも役立ちます。

日常生活に支障をきたすほどの酷い症状があれば、専門の外来などもあるので受診することをお勧めします。

 


 

■ 執筆 ■
大澤 海実
おおさわ あみ

株式会社セントラルメディエンス
産業医ラボ.com専属精神保健福祉士

入社前は精神科のクリニックにて
AC(アダルトチルドレン)やaddiction(依存症)の患者を対象に
数多くの生活相談を受ける。
現在は、当運営会社 株式会社セントラルメディエンスで
産業医ラボ.comの専属精神保健福祉士として活躍している。
主に従業員・一般個人のメンタルヘルス相談や
ストレスチェックに関する企業へのサポート業務を担当。

「大澤先生の一問一答」
https://sangyouilabo.com/category/qanda/

 

 産業医ラボ.comでは、契約企業様の従業員様向けに
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
薬剤師によるお薬相談も承っておりますので是非ご活用下さい!!

  

関連記事

  1. オミクロン株対応の新型コロナワクチンが来週より順次予約、接種開始へ 接種対象者や副反応について紹介します! オミクロン株対応の新型コロナワクチンが接種開始へ 接種対象者や副…
  2. 『働き方改革関連法』施行により、ワークライフバランスの実現は可能…
  3. コロナ禍で在宅時間が増え、飲酒量が増えていませんか?当社専属保健…
  4. 心の健康には腸内環境が大切~セロトニンとの関係~
  5. 高齢化社会の今、70歳までの就業確保が『努力義務』になりました!…
  6. コンビニで新型コロナワクチン接種証明書が発行できるって本当?3分で発行できるか実際にやってみた! コンビニで新型コロナワクチン接種証明書が発行できるって本当?3分…
  7. 【簡単!1人でできるメンタルケア】コロナストレスや新生活への不安…
  8. 11月23日は「産業カウンセラーの日」コロナ禍で増えるメンタルヘルス需要に、職場でも産業カウンセラーの活躍を! 11月23日は「産業カウンセラーの日」コロナ禍で増えるメンタルヘ…

Facebook

最新の記事

  1. 今冬は新型コロナウイルスとインフルエンザが同時流行!?急な発熱時、どうしたらいい?判定チャートで紹介します
  2. 【大澤先生の一問一答】
  3. 今月は寝不足のピーク!?  睡眠改善インストラクターが伝授、W杯観戦でもスッキリ朝を迎える方法とは? 

おすすめ記事

  1. 【大澤先生の一問一答】
PAGE TOP