COLUMN

今注目の「健康経営」という考え方

健康経営とは

健康経営とは1980年代にアメリカの経営心理学者ロバート・ローゼン氏が提唱した「社員が健康でいることこそが収益性に優れた企業を作る」を意味する「ヘルシー・カンパニー」という概念が基盤となっています。従業員の健康管理を経営的視点から考えることで、休職者・退職者の減少、医療費の削減、企業の生産性の向上、延いてはイメージアップなどにつながることを目的としています。

健康経営が注目される背景

近年、長時間労働や劣悪な環境での労働、それに伴うメンタルヘルス不調者の増加により従業員の過労死や自殺などが社会問題として顕在化しています。さらには少子化による労働人口の減少もあり、労働力の確保が難しくなった今、従業員が心身共に健康になることを企業が提案し、企業の生産性を向上しようという考え方から「健康経営」に取組む企業が増えています。

健康経営を取組むメリット

◇生産性の向上
過剰なサービス残業や劣悪な環境での労働は従業員のモチベーションの低下につながり、パフォーマンスを悪化させることにもなります。そして欠勤や休職、最悪の場合、退職等に至り、結果、企業全体の生産性低下につながります。よって心身共に従業員の健康が増進することは、労働生産性の向上が期待できます。

◇医療費の削減
従業員の健康状況の把握や問題の早期発見・対策などを行うことで、疾病手当の支払い減少や健康保険料負担の抑制になり、結果、医療関連費の削減につながります。

◇企業価値の向上
従業員の健康に配慮するという企業のイメージは、企業選びにおいてとても効果的であり、その結果、優秀な人材の確保や定着につながり、自社ブランドの価値を高めていくことになります。

◇企業のリスクマネジメント
メンタルヘルス不調者などを発生させることは労災や企業の社会的責任を問われることにもなります。健康経営を行うことで、事故・不祥事や労災発生を防止するリスクマネジメントになります。

「産業医」を選任するという健康経営!

でも、いざ健康経営を実践しようと思ってもコスト、人材、ノウハウ不足でなかなか進めることができない企業が多いのではないでしょうか。そのようなことであれば、まず、「産業医」を選任するという健康経営はいかがでしょうか。

もしあなたの事業所が49人以下の従業員数であれば、助成金を活用すると実質無料で選任することができます。さらに面倒な申請書類の作成業務なども全て弊社にお任せください!
50人以上の事業所であっても、産業医の変更を検討しているなどをお考えでしたら弊社にご相談ください。独自のネットワークで全国の最適な「産業医」を選任し、「健康経営」の取組みにより、業務効率、企業イメージ向上のサポートをさせていただきます。

産業医ラボ.com


お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 「全国労働衛生週間」をご存知ですか?
  2. 色んなことに敏感で人の気持ちに左右され、生きづらいと感じたことは…
  3. 「心のバリアフリー」を知っていますか?
  4. 従業員が50人を超えたとき、企業がしなければならない義務とは?
  5. 冬が近づきやる気がおきない…それは決して怠け病でありません!ウイ…
  6. 『働き方改革関連法』の施行により、労働時間法制の見直し!時間外労…
  7. 職場環境改善計画助成金(A/Bコース)が廃止となり、新しく事業場…
  8. 労働者数が50人未満の事業場において、産業医を選任し、実際に産業…


ストレスチェックラボ.com|個人の方は無料で受検できます

 

資料請求はこちらから

Facebook

最新の記事

おすすめ記事

PAGE TOP