COLUMN

【今日は何の日!?シリーズ】12月1日は「世界エイズデー」 シンボルマーク〝レッドリボン〟が目印!エイズに関する啓発活動や無料検査も〜当社専属保健師がコラムを更新〜

【今日は何の日!?シリーズ】12月1日は「世界エイズデー」

シンボルマーク〝レッドリボン〟が目印!エイズに関する啓発活動や無料検査も〜当社専属保健師がコラムを更新〜

 

12月1日は「世界エイズデー」です。世界エイズデー(World AIDS Day:12月1日)は、世界レベルでのエイズのまん延防止と患者・感染者に対する差別・偏見の解消を目的に、WHO(世界保健機関)が1988年に制定したもので、毎年12月1日を中心に、世界各国でエイズに関する啓発活動が行われています。今回はどのような活動が行われているのかをご紹介いたします!

 


 

■レッドリボンとは?

“レッドリボン(赤いリボン)”は、世界エイズデーキャンペーンをはじめ、HIV/エイズに関する運動の世界的なシンボルです。この“レッドリボン”がエイズのために使われ始めたのは、アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1980年代の終わりごろでした。このころ、演劇や音楽などで活動するニューヨークのアーティスト達にもエイズがひろがり、エイズに倒れて死亡するアーティスト達が増えていきました。そうした仲間達に対する追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。

この運動は、その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展し、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されています。レッドリボンは、あなたがエイズに関して偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しないというメッセージです。

このレッドリボンの意味を知り、レッドリボンを身につけることによって、エイズをみんなで考えましょう。

日本では、匿名・無料で検査が受けられますので、気になる方はお受けください。

 

エイズ検査について

 

■エイズ感染について

感染の可能性はどうなのでしょうか?

HIVの感染力は弱く、性行為以外の社会生活のなかでうつることはまずありません。

HIVは主に3つの経路で感染します。

①性行為による感染
性行為による感染は最も多い感染経路です。HIVは主に血液や精液、膣分泌液に多く含まれています。HIVは感染者の血液・精液・膣分泌液から、その性行為の相手の性器や肛門、口などの粘膜や傷口を通ってうつります。ですから、性行為におけるコンドームの正しい使用は、HIV感染症/エイズ予防にとって有効な手段です。

②血液を介しての感染
HIVが存在する血液の輸血や、覚せい剤などの依存性薬物の“回し打ち”による注射器具の共用などによって感染します。日本では、現在、献血された血液は厳重な検査により最高水準の安全が確保されていますが、きわめてまれとはいえ、感染の可能性を完全には排除できません。なお、血液凝固因子製剤については加熱処理が行われているので、現在の血液製剤で感染する心配はありません。

③母親から赤ちゃんへの母子感染
母親がHIVに感染している場合、妊娠中や出産時に赤ちゃんに感染することがあります。母乳による感染の例もあります。日本では、お母さんがHIV感染症の治療薬を飲むことや母乳を与えないことで、赤ちゃんへの感染を1%以下に抑えることができます。

 

■まとめ

12月1日はさまざまなイベントや無料検査、レッドリボンライブという啓発イベントも開催されます。興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか?

街頭キャンペーン

日時:令和元年12月1日(日)13:30~15:30(予定)
場所:渋谷駅 ハチ公前周辺

HIV(エイズ)無料検査

日時:令和元年12月1日(日)
10:30~18:00(受付10:30~12:00、14:00~15:30)(予定)
場所:シブヤ・ネクサス(東京都渋谷区道玄坂2-9-9 梅原ビル6階)

レッドリボン ライブ RED RIBBON LIVE

早期発見早期治療で、いろいろな免疫不全の状態を早めに予防しましょう。

 


 

■ 執筆 ■
小岩 統子

こいわ とうこ
株式会社ヴェリタスジャパン
産業医ラボ.com専属保健師

臨床にてICU・内科・訪問看護を5年ほど経験したのち、
健康保険組合・企業などにて13年間産業保健師として活躍。
現在は、当運営会社 株式会社ヴェリタスジャパンに入社し、
産業医ラボ.comの専属保健師として活躍している。

 

 産業医ラボ.comでは、
保健師・精神保健福祉士によるメンタルヘルス相談窓口を開設しております。
睡眠改善インストラクターによる睡眠のお悩みも承っておりますので、是非ご活用ください!!

  
メンタルヘルス・お薬相談ROOMはこちら↑

産業医ラボ.com

お問い合わせフォームへ

関連記事

  1. 保健師・助産師・看護師ってどう違うの? 産業医ラボ.com専属保…
  2. 春は「うつ病」になりやすい!?当社専属の精神保健福祉士が解説 悪くなる前に知りたい、うつ病の初期症状 春は「うつ病」になりやすい!?当社専属の精神保健福祉士が解説 悪…
  3. 意外と知らない?!事業主の義務になったマタニティハラスメントの防…
  4. 2018年4月より障害者の法定雇用率が引き上げられました!雇用対…
  5. 姿勢が悪いとストレスがたまりやすくなる!~ストレスホルモン「コル…
  6. 【韓国通信 第1回】隣国は今 イスラエルとの新型コロナワクチンの…
  7. 食中毒に気を付けよう!
  8. 「心のバリアフリー」を知っていますか?

Facebook

最新の記事

  1. 台風シーズン到来 気候や気圧の変化で頭痛や不調が起きる「気象病」とは?症状の軽減方法など、当社専属の精神保健福祉士が紹介します!
  2. 【大澤先生の一問一答】
  3. オミクロン株対応の新型コロナワクチンが来週より順次予約、接種開始へ 接種対象者や副反応について紹介します!

おすすめ記事

  1. 【大澤先生の一問一答】
  2. かかりつけ医って必要?自分に合った「かかりつけ医」を見つけて健康管理をしよう!
PAGE TOP